スポナビライブ

ソフトバンク株式会社は8日、プロ野球や海外サッカー(英プレミア、スペインリーガ)、大相撲、MLBなどの試合を生中継で見放題のスポーツ配信サービス「スポナビライブ」について、ソフトバンク系ユーザー(ソフトバンク・ワイモバイル・Yahoo!プレミアム加入者)は980円、それ以外は1480円(各月額)に変更すると発表した。

 

同日にはドコモがJリーグや海外サッカー、プロ野球、F1 などの国内外のスポーツを年間6000試合見られる配信サービス「DAZN for docomo」(2月15日スタート)を発表したばかり。ドコモの価格設定はドコモユーザー月額980円、それ以外は月額1750円というものだった。

 

同じようなスポーツ配信サービスである「スポナビライブ」は、これまで通常利用料金3000円、ソフトバンクユーザー500円(各月額)だったが、料金設定を「DAZN for docomo」に合わせた形となった。

 

「スポナビライブ」の料金設定変更は3月16日から実施され、機能面では「フルHD提供」、「Amazon Fire TVやAndroid TVなどに対応」、「最大4台のデバイスで同時視聴可能」などの拡充が実施される。

 

なお、現在ソフトバンクユーザー向けに月額500円で提供中のHD版「スポナビライブ」については、3月15日までに加入すれば、3月16日以降もHD版として500円で利用できる。

発表資料

URL:http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2017/20170208_01/

2017/02/08