人気沸騰の田中圭と2ショット(写真は大島優子Instagramのスクリーンショット)

写真拡大

 現在放送中のテレビドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)で、大島優子演じる居酒屋「呑んべえ」の看板娘・小雪が不倫に駆けだしそうになる展開に、ネット上で「不倫はダメよ〜!」「不倫はダメだが(不倫相手を演じる)田中圭はやばい」と話題沸騰。大島が自身のInstagramに投稿した、不倫相手・丸井役の田中圭との2ショットにも5万件以上の「いいね!」がつくなど盛り上がっている。

 2月1日に放送された第3話では、買い物帰りの小雪が路上で自転車を転倒させ、落ちた野菜を拾ってくれたサラリーマン・丸井にひと目ぼれ。すっかり恋愛から遠ざかっていた小雪だが「しゃべり方から食べる時の表情まで全てが“ドストライク”」な丸井に夢中になり、2人は急激に恋人モードに突入……! したかに思えたが、ある晩小雪は丸井から彼が既婚者であり、妻とは別居中であることを聞かされる……。

 丸井のまさかの告白を「正直に打ち明けてくれた」と受け取り、悩む小雪。第三者からすれば完全に不倫の始まりであり丸井にとって都合のいい関係になるわけだが、恋は盲目とはよくいったもので、小雪は好意的にしかとらえられない様子。生真面目&クールだった小雪が道ならぬ恋によろめく展開に、ネット上では不倫に対して否定的な意見が寄せられるも、不倫相手を演じた田中圭に劇中の小雪と同じくハートを射抜かれた女性が続出。「田中圭本気でヤバイ結構リアルに好き」「あの田中圭は惚れない人はいない!!」「丸井さんタイプできゅんきゅんしちゃいました」とアブない優男・丸井のキャラクター及び、ハマリ役の田中圭に絶賛の声が寄せられている。

 本ドラマは東村アキコの人気漫画に基づき、「あのときこうしてい“たら”」「あのときこうしてい“れば”」と井戸端会議に明け暮れる独身アラサー女子3人組のシビアな恋の行方を描くラブコメ。吉高由里子はツンデレモデルKEY(坂口健太郎)に翻弄される売れない脚本家・倫子に、榮倉奈々は偶然再会したバンドマンの元カレ・彼女アリ(平岡祐太)とズルズル関係を続ける香にふんし、恋愛がご無沙汰過ぎて思わぬ出会いにも迷走する“こじらせ女子”を好演。「マシをいくら数えても幸せにならない」「回転寿司なら取り逃した皿はまた回ってくるけど現実の男はそうはいかない」「ずっと女子会ばっかりしてたから次の一手がわからない」など身につまされる名言も多数だ。(編集部・石井百合子)