写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サイバネットシステムは、有機ELディスプレイ向けに独自開発のムラ補正機能IPを搭載したディスプレイドライバICを複数の半導体メーカーと共同で開発したと発表した。

同ドライバICを活用することで、有機ELディスプレイメーカーはムラ補正機能を容易に利用することが可能になるほか、サイバネットの自動ムラ補正装置「FPiSシリーズ」と組み合わせることで、品質向上や歩留まり改善による安定した生産が可能になるとしている。

なお、今回開発されたドライバICは、2017年6月ころから複数の半導体メーカーより汎用ICや特定顧客向けIC として販売が開始される予定のほか、系列製品にも継続的に同機能が組み込まれる予定だという。

(小林行雄)