写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トレタは2月8日、同社が提供する飲食店向け予約/顧客管理サービス「トレタ」と、ユビレジが提供するiPadを使ったクラウド型モバイルPOSレジシステム「ユビレジ」とデータ連携し、両サービスの導入店舗に向けて提供を開始したと発表した。

今回の連携は、トレタが開発したPOSシステム連携APIである「トレタPOSコネクト」の機能を活用することで実現。トレタPOSコネクトにより、ユビレジが持つ注文内容や会計情報、来店情報などの情報と、トレタが持つ予約情報や顧客情報、来店履歴などの情報が一元化されるという。

連携の仕組みを活用することで、顧客ごとの嗜好やメニューごとのパターン分析など、細かな顧客分析ができ、顧客満足度(CS)の向上、来店頻度の上昇やメニュー改善による売上向上につながるとしている。

(岩井 健太)