写真提供:マイナビニュース

写真拡大

レノボ・ジャパンは8日、QHD解像度の12.2型2in1タブレットPC「Lenovo ideapad MIIX720」を発表した。同日から販売開始。直販価格は税別129,000円から。

「Lenovo ideapad MIIX720」は、2,880×1,920ドット解像度の12.2型液晶を搭載した着脱式の2in1タブレットPC。プロセッサには第7世代Intel Core i3 / i5を採用し、最大約8.5時間の長時間駆動を実現した。ストレージは最大でPCIe接続のSSDを選択できる。

本体は最薄部で8.9mm。重量はタブレット本体で約780g、キーボード装着時で約1.15kgとなる。本体にはWindows Helloに対応したIRカメラを装備し、顔認証ログインが可能。また、4,098段階の筆圧検知に対応したActive Penを標準装備している。

カスタマイズとして、CPUがIntel Core i3-7100U(2.40GHz) / Intel Core i5-7200U(2.50GHz)、メモリが4GB / 8GB、ストレージが128GB / 256GB PCIe、ディスプレイが12.2型ワイド液晶(2,880×1,920ドット、10点マルチタッチ対応)などを選択可能。グラフィックスはIntel HD Graphics 620(CPU内蔵)。OSはWindows 10 Home 64bit。

主なインターフェースは、USB3.1 Type-C(Thunderbolt 3、電源兼用)、USB 3.0 Type-Aなど。通信機能はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.1。カメラ機能は前面100万画素 / 背面500万画素。

本体サイズはW292×D210×H8.9mm。バッテリ駆動時間は約8.5時間(JEITA 2.0)。カラーはエボニーブラック。