利用イメージ

株式会社NTTドコモは8日、スポーツ配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」を提供するイギリスPerform Groupとの協力により、DAZNが配信する国内外の人気スポーツの試合が見られるサービス「DAZN for docomo」を、2月15日から提供開始すると発表した。価格はドコモユーザーは980円、ドコモ以外は1750円(各月額)。

 

「DAZN(ダ・ゾーン)」は、これまではスカパー!が放送してきたJリーグの試合を、2017年から10年間2100億円という巨額の独占放映権契約を結び、日本市場に本格参入を果たした。

 

そのDAZNとの協力で、「DAZN for docomo」では、サッカー(Jリーグのリーグ戦全試合、ブンデスリーガ全試合、セリエA等)、野球(広島東洋カープ、横浜DeNAベイスターズ、MLB等)、バレーボール(Vリーグ等)、モータースポーツ(F1等)等、国内外130以上、年間6000試合以上の主要スポーツ映像を月額制で楽しめる。

 

視聴方法も、試合を生で観戦する「ライブ試聴」、試合開始時間に間に合わなくても最初から視聴可能な「見逃し配信」、見所を短時間で見られる「ハイライト視聴」など、幅広いスタイルを用意する。

 

視聴可能なデバイスは、スマートフォンを始め、タブレット、パソコン、テレビとなっている。

 

なお、DAZNの月額利用料は1750円となっており、視聴フォーマットなどは異なるものの、ドコモユーザーなら「DAZN for docomo」のほうがお得に視聴できる。

発表資料

URL:https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/02/08_00.html

2017/02/08