ブランケットを細長くして背中に挟む

写真拡大

長時間イスに座っていると、腰が痛くなってくる。だが、このつらい状態を解消できる簡単な方法があるとツイッターで紹介された。

たいそうな道具や装置は不要。用意するのは、膝掛け用のブランケット1枚だけだ。ある整骨院院長に聞くと「腰の負担が軽くなると思う」と話す。ただ、少し注意も必要なようだ。

ツイッターで話題「整骨院の先生から教わりました」

ツイートは2017年2月1日、図説したイラストとともに投稿された。

「『映画観たいけど、腰がツラくて長時間座るのがしんどい』と相談した際に、整骨院の先生から教わりました。良ければ参考にしてみてください」

その方法は、イスに座った状態で、膝掛け用のブランケットを肩幅より狭くなる程度に細長く畳み、縦にして背中と背もたれの間に挟むというもの。映画館によってはブランケットを貸し出している。マフラーやタオルなどクッション性があるものでも代用可能だ。尻が背もたれにつくように深く座るのがポイント。イスに浅く座ると腰を痛めやすいという。

投稿者はこの方法を実践したところ、2時間強の映画鑑賞中に腰が痛くならなかったとツイートした。映画に限らず「例えば長時間の運転や新幹線の乗車など、長距離移動にも使えるそうです。私もこだま(新幹線)に乗るときは活用してます」と勧めている。ツイートは3万2000以上の「いいね」を集めた。

J-CASTヘルスケアは都内の整骨院で院長を務める柔道整復師に、ブランケットを使ったこの方法について尋ねた。「背骨が真っ直ぐになるので、1つの手段としては良いと思います」として、こう続けた。

「座っていてなぜ腰が痛くなるかと言えば、ずっと同じ筋肉を使い続けるからです。座った姿勢は、上半身全体を腰の根元だけで支える形になるので、腰に負担が集中します。浅く座って猫背になると尚更です。ブランケットのような物を背中に挟むと、自然に背中の筋肉がストレッチされ、腰への負担が軽減されるので楽になるのだと思います」

注意が必要「別の筋肉を使い続けることになる」

一方、この整骨院院長は「背中に物を挟んでいると、それはそれで別の筋肉を使い続けることになり、結局別の部分が痛んできます」として、「個人差はあるかもしれませんが、長時間挟み続けるのは難しいかもしれません」とも指摘する。座り続けても腰が痛まないようにするには、

「同じ姿勢が続かないよう、意識的に色々な筋肉を使うのが大事です。デスクワークの人の場合は立ち上がるのも良いですし、それが難しい映画館や車の中ならば、後ろにのけ反るだけでも楽になります」

と説明した。

「座っていると腰が痛い」という状態を放置していると、「椎間板(ついかんばん)ヘルニア」になるおそれがある。コツコツ整骨院(愛知県春日井市)のウェブサイトには「長時間ずーっと座っていると、腰の骨と骨の間にある軟骨(椎間板)が後ろへ飛び出して、椎間板の後ろを通っている神経に触り痛みが出ます」と説明がある。症状としては「腰の骨の上」や「尻の割れ目」「尾てい骨」にも痛みが出る。さらに「尻の奥に鈍い痛みがある」「太ももやふくらはぎがしびれる、または感覚がない」状態だとかなり進行しており、場合によってはある時突然動けなくなる。腰だけでなく尻や足にも痛みが出る点に注意が必要で、こうした症状を感じたら病院にかかるよう勧めている。