Jリーグマスコット総選挙、1位から23位までの中間結果を発表…1位はサンチェに

写真拡大

 Jリーグは8日、『Jリーグマスコット総選挙』の中間結果を発表した。

 マスコット総選挙は、Jリーグ・J1・J2・J3クラブのマスコットにより争われる人気投票。1月27日から2月13日23時59分まで投票が行われ、最終結果は2月18日、日産スタジアムにて行われる「富士ゼロックススーパーカップ2017」のハーフタイム中に発表される。昨日の24位から49位までに続き、1位から23位までの中間結果が発表され、1位はサンフレッチェ広島のサンチェになった。

■『Jリーグマスコット総選挙』中間結果

▼1位〜10位
1位:サンチェ(サンフレッチェ広島)
2位:ベガッ太(ベガルタ仙台)
3位:ドーレくん(北海道コンサドーレ札幌)
4位:グランパスくん(名古屋グランパス)
5位:レノ丸(レノファ山口FC)
6位:東京ドロンパ(FC東京)
7位:カブレラ(川崎フロンターレ)
8位:ヴァンくん(ヴァンフォーレ甲府)
9位:マリノスケ(横浜F・マリノス)
10位:ヴィヴィくん(V・ファーレン長崎)

▼11位〜20位
11位:GAMBA BOY(ガンバ大阪)
12位:ニータン(大分トリニータ)
13位:レイくん(柏レイソル)
14位:ガンズくん(松本山雅FC)
15位:ゼルビー(FC町田ゼルビア)
16位:アルディ(大宮アルディージャ)
17位:ロビー(セレッソ大阪)
18位:ライオー(AC長野パルセイロ)
19位:パルちゃん(清水エスパルス)
20位:しかお(鹿島アントラーズ)

▼21位〜23位
21位:ジェフィ(ジェフユナイテッド市原・千葉)
22位:ジュビロくん(ジュビロ磐田)
23位:ヴォルタくん(徳島ヴォルティス)