熊本のボランチでゲームをコントロールした熊本の上里。「もっと連係を高めるためにも、信頼を得たい」と課題を挙げた。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

【2017 Jリーグ DAZNニューイヤーカップ・鹿児島ラウンド】
鹿児島ユナイテッド 1-0 ロアッソ熊本
2017年2月8日/11:00/鹿児島県立サッカー・ラグビー場

PHOTO【NYC鹿児島ラウンド】鹿児島1-0熊本 鹿児島が中原のゴールで磐田と並び首位に! 

 熊本の真ん中でチームをコントロールしていたのが、今季加入した「20番」上里一将だった。
 
 空いたスペースに顔を出してはボールを引き出し、長短のパスを使い分けて攻撃にリズムをつける。まだどこか周囲に気を遣ってプレーしている様子で、ギリギリのスペースを突いて、味方に“要求”するようなプレーは限られた。
 
 また、FKとCK、セットプレーはすべてこの“左利きのカズ”が担当。セットプレーからの得点数を増やしたい熊本にとっては、新たな武器として期待される。
 
 その可能性を感じさせたのが、試合位開始早々の敵陣で得たFKのチャンスだ。左サイドのゴールから約40メートルの地点から上里が大きな弧を描くキックをゴール前へ放つ。
 
ファーサイドで待っていたのが、エースの巻誠一郎だ。ジャンプをした巻が競り勝ちボールは中央に折り返された、が……次の選手に合わずシュートに至らなかった。
 
 ただ、ふたりの息が合っていけば、「巻―上里」は新ホットラインとして熊本の得点源になり得る。そう印象付けるワンシーンだった。
 
 巻は前半終了後に、上里は65分にベンチへ退いた。3日前の磐田戦で90分間フル出場していた上里は、その疲れもあってか全体的にオフ・ザ・ボールの動きが物足りなかった。交代出場した若手らが徹底的に走ることで攻撃にアクセントを加えようとしていたことを考えると、上里にもそういった選手個々のリズムに合わせた細かい判断力が求められてきそうだ。
 
 試合後、上里は「ニューイヤーカップは優勝を狙っていただけに、難しい状況になってしまった(2試合で勝点1)。コンディション的には徐々に仕上がってきているので、連係の部分でどのように戦っていくのか、もっと信頼関係を築きながら、詰めていきたいです」と、収穫と課題を挙げた。
 沖縄の南国・宮古島出身初のJリーガーで、04年から16年まで札幌に在籍し、11年にFC東京、12年に徳島へレンタル移籍している。最南端出身の最北端フットボーラーは、プロ14年目を迎え、J通算12試合、そしてJ2通算295試合(20得点)の出場を数える。北の大地で数々の経験を積み、このオフ、ついに熊本へ完全移籍をした。
 
「最初にオファーをいただいたチームに行こうと決めていたところ、熊本から熱心に誘ってもらい即決しました。毎年、キャンプで来ていたので、馴染みはありました。もちろん、家族で来ました。暖かいところでプレーしてみたいなと思っていたので、それは良かったです。それに、プレースタイルを知る選手も多くいる点は、自分にとってメリット。だからこそ、今年は結果にこだわりたいです」
 
 上里は優しく笑う。
 
 そのキックが、巻の高さを生かす鍵を握りそうである。「確実にボールが収まるので、いかに連動して絡んでいくか。もっとかかわっていきたい」と、“熊本のカズ”は言う。
 
 また、清川浩行監督は上里のプレーについて、「(鹿児島戦は)前線からプレスをかけにいくところで、ハマらずにそのたびに守備に戻らなければならず、なかなか前線に絡めなかった」と戦術的な面で上手く機能しなかったことを考慮。一方で、「ショートパスが多く、両サイドの背後など、もう少し長いボールを蹴り込んで、ボールを動かしていけたはず」と注文をつけていた。その言葉に期待の大きさも感じられる。
 
「チームの雰囲気はとてもいいです。狙います、J1」
 
 上里はそう明確に言った。火の国で人生を懸けた戦いに挑む――その強い決意が伝わってくる。
 
 今季の熊本は、ハイプレスからの鋭く重厚なアタックを狙う。理想は火の国にふさわしい、燃えるような迫力溢れる攻撃だ。そこに上里の左足のキックが噛み合った時、J1昇格への希望の光が射し込むはずだ。
 
取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)