NTTドコモの吉澤和弘社長(右)とパフォームのジェームズ・ラシュトンCEO(左)

写真拡大

月額980円で国内外130以上、年間6000試合以上のスポーツ映像が見放題となる。

【写真を見る】スマートフォンやタブレット、パソコン、テレビなどで観戦可能

株式会社NTTドコモとPerform Investment Japan(パフォーム・インベストメント・ジャパン)株式会社は、スポーツライブストリーミングサービス「DAZN for docomo」を2月15日(水)から提供することを発表した。

同サービスは、パフォームが提供するスポーツライブストリーミングサービス「DAZN (ダ・ゾーン)」の国内外の人気スポーツがライブやオンデマンドで見放題となる。

Jリーグのリーグ戦全試合やブンデスリーガ全試合、セリエAなどのサッカー、広島東洋カープや横浜DeNAベイスターズ、MLBなどの野球、バレーボールのVリーグ、F1といったモータースポーツなど、国内外130以上、年間6000試合以上の主要スポーツの試合映像が、スマートフォンやタブレット、パソコン、テレビなどで観戦することができる。

初回31日間無料となる月額利用料は、ドコモの携帯電話利用者の場合は月額税別980円、映像配信サービス「dTV」とセットなら200円割引され、「DAZN for docomo」と「dTV」を月額税別1280円で視聴可能。ドコモ以外の携帯電話利用者は月額税別1750円となり、「dTV」とのセットは月額税別2050円となる。

試合の模様をライブ動画で視聴できる「ライブ視聴」や、試合の途中でも最初から視聴できる「見逃し配信」、試合のハイライト動画を短時間で視聴できる「ハイライト視聴」なども用意。時間や場所を気にすることなく、観戦できる。

見逃せない一戦をおでかけ先でもしっかりと堪能できるサービスで、スポーツの観戦スタイルも変わるかも。【ウォーカープラス編集部/コタニ】