米セレブたちはお金の遣い方も豪快

写真拡大

 アメリカンドリームを成し遂げたセレブの象徴といえば、大豪邸だ。誰もが羨む著名人たちの“夢御殿”を紹介しよう。

◆ジョン・トラボルタ(62・俳優)

 フロリダ州オカラにある大豪邸。世界のセレブに詳しい雑誌『ゴシップス』の大柳葵理絵編集長によれば「航空機マニアで、ジェット機の操縦資格を持つ彼の自宅には、2300mの滑走路が敷設され、2機のジェット機もある」という。

◆タイガー・ウッズ(41・プロゴルファー)

「フロリダ州ジュピターアイランドの自宅。最高年収1億1500万ドル(約126億円)を稼いだタイガーらしく、4つのグリーンと6つのバンカーがある私設ゴルフ場が広がっている。バスケットコートやテニスコートまであります」(大柳氏)

◆スティーブン・スピルバーグ(70・映画監督)

「たくさんの家を持つ監督の“本宅”が、ロサンゼルスにある西欧風の邸宅です。1万3000平方メートルを超える敷地内にはプールのほか、2013年にワイン好きが高じて作られたブドウ畑があります」(同前)

◆セリーヌ・ディオン(48・歌手) 

「フロリダ州ジュピターアイランドにある白亜の邸宅。敷地面積は2万3000平方メートルで、不動産価値は51億円ともいわれる。シンボルは、中央の巨大な『流れるプール』。別名“ウォーターパークハウス”と呼ばれています」(同前)

※週刊ポスト2017年2月17日号