岐阜、山口から新加入の庄司がキャプテンに就任…高木、福村の2選手が副キャプテンに

写真拡大

 FC岐阜は7日、2017シーズンのキャプテンがMF庄司悦大、副キャプテンがGK高木義成、DF福村貴幸の2選手に決まったことを発表した。

 今シーズン、レノファ山口FCから加入し、背番号10を着ける庄司がキャプテンに就任。チーム最年長となる37歳の高木、清水エスパルスから期限付きで加入した25歳の福村の2選手が副キャプテンを務める。就任に際し3選手は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

■庄司悦大
「僕自身、勝負に負けるのが嫌いなので、最後まで戦い抜ける集団を作っていけるように、自分がチームの先頭に立って頑張ります。応援よろしくお願いします」

■高木義成
「プロ生活18年目での初めての役割ですが、チーム最年長として監督・コーチと選手をつなぐ役割を期待されていると思うので、年の差を感じさせないチーム作りに貢献できるようにキャプテンの庄司選手、副キャプテンの福村選手を支えていき共に戦っていきたいと思います」

■福村貴幸
「副キャプテンとしてチームを引っ張って、集団として戦えるように頑張っていくので応援お願いします」