写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ティアックは2月8日、カセットデッキとCDプレーヤーの複合機「AD-850」を発表した。USBメモリーを接続しての録音・再生機能を搭載している。3月中旬の発売を予定しており、推定市場価格は税別39,800円前後。

AD-850は、カセットテープやCDの音源をMP3形式でUSBメモリーに録音できる複合機だ。カセットデッキ部は2ヘッドタイプで、オートリバース機能は非搭載。ノーマル/クロームテープの録音再生に対応し、メタルテープも再生のみ可能となっている。±10%可変のピッチコントロール再生も行える。

そのほか、タイマー機能 (カセットテープ、CD、USBメモリーいずれも可)、エコー機能付きマイク入力、音楽再生音とマイクの音声をミックスするカラオケ機能を搭載している。本体サイズはW435×H145×D288mm、重さは約4.8kgとなっている。

同社は、AD-850のリリースにあたって、「今日カセットテープは、懐かしさを求める30代以上の音楽ファンのみならず、カセットテープの時代を全く経験していない若い世代に人気が高まっています」と述べ、ブーム再燃に期待を寄せている。

(阿部求己)