「内省的なボス」ハン・ジェソク、パク・ヘスのためにサプライズイベントを準備

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「内省的なボス」ハン・ジェソクがパク・ヘスのために準備したサプライズイベントが失敗となった。

7日、韓国で放送されたtvNドラマ「内省的なボス」でハン・ジェソク(チャン・セジョン) は、片思い中のパク・ヘス(チェ・ロウン) の心を捕らえるためにサプライズイベントを準備した。

ハン・ジェソクは、イベントのために前もって準備してきたパーティー用品と電飾をあちこちに飾った。彼のところにやって来たチョン・ヒョソン(キム・ギョリ) は、「もし断られたらどうするの。会社の人皆いるのに」と心配そうに尋ねた。ハン・ジェソクは「公式クズ野郎になっても構わない。他の人の目を気にする時間があるか。心を得ることも大変で死にそうだ」と本音の詰まった答えにサランクン(好きな人に夢中な人の意味) の一面を見せた。

しばらくして、ときめく心でパク・ヘスを連れてきたハン・ジェソクは、垂れ幕と輝く電飾を背景に立っているヨン・ウジン(ウン・ファンギ) を発見した。ハン・ジェソクは呆れた表情で「何でそこにいるんだ。許可もなく、何故点灯させたんだ」とカッとなって叫ぶと、慌てたヨン・ウジンはもう一つのボタンを押してしまいハイライトの花火と一緒にイベントを強制的に終了させ逃げ失せた。

ハン・ジェソクは予想外の状況のせいでイベントが虚しく終わってしまいムスっとした表情でいたが、素直で淡泊に自分の感情を隠さず表現した場面では、女性視聴者たちをときめかせた。