日本での発売が決定した「スズキ GSX250R」。中国では一足先に発売されていて評判もかなりいいようです。

1

今回はそんなGSX250Rの実車を撮影してきました!

メーカーの画像や海外でのリーク画像など、ネットでも見ることができますが、良い悪いは実車を見て判断してください!

このバイクは「画像だけじゃ伝わらないオーラ」があるバイクです!

今まで見てきたミドルクラスとは一味違う雰囲気がありました。細かいラインにキレがある感じです。

大きさは見た感じやや大きめに感じます。押したり跨ったりしましたが、乗ってる印象ではそこまで大きな感じはしません。重量もGSRと比べて11kgも軽量化してるだけあって軽いです。

一番グッときたのがテールランプ。街中で見かけたら思わず後を追ってしまうような「いいケツ」してます!

デザイン担当の方も「一目見て、めちゃくちゃかっこいいと思ってもらえるように作った!」と仰ってました。

エンジンはGSR250Fをベースに設計されていますが、街乗りなどの日常生活で扱いやすい仕様になっています。実際、普通に走ってて高回転までブン回して走るってあんまり無いですよね?

そこで発進から90kmまでをメインにトルクを振ることで、常用域で楽しい仕様になっているというわけです。

6000rpmまでの加速感は素晴らしいだとか。おまけに満タンで500km前後走れるというのだから驚きです。

足回りも全て専用設計・専用セッティング。通勤・通学から長距離ツーリングまで万能君に仕上がっているというわけです。

セパレートハンドルに跳ね上がったテールだけ見ればポジションがそれなりにキツイかと思われがちですが、実際はそんなことありません。ゆとりがあって長距離でも大丈夫そうなポジションでした。


海外仕様と国内仕様で馬力が違う!という声もありますが、安心してください。全く同じです。日本の表記は小数点以下は切り捨てなのでそうなってしまっているだけ。

そして驚いたのが、このバイクのターゲットは我々若者!つまり僕らのために作られたようなバイクなんです。

発売は2017年4月17日を予定しています。ぜひ実車に触れ合ってみてください!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

誰がどう見たってかっこいい!「スズキ GSX250R」を見てきた(http://clicccar.com/2017/02/08/438481/)