女性に比べて健康意識が低めの男性陣ですが、40代を迎える頃から少しずつ体型や代謝の変化に気づくようになり、さらに50代にもなると多くの男性が「男性型脱毛」と「前立腺肥大」が気になり始めます。そんな悩みの対策に「ノコギリヤシエキス」が効果的という話を聞いたことはないでしょうか。ここではノキギリヤシエキスの最新情報について調べてみました。

ノコギリヤシってどんな植物なの?

そもそもノコギリヤシとはヤシ科のハーブの一種で、北アメリカ大陸の固有種で、ノコギリ状の葉を持つことからノコギリヤシと呼ばれています。夏に花を咲かせ、秋の終わりから冬にかけてオリーブ型の赤い実をつけますが、特にこの果実の部分に優れた機能性が報告されています。

古来よりアメリカの先住民たちが「男性の強壮」のために食品や民間療法薬として使用してきた歴史がありますが、ノコギリヤシの実には油分が多く含まれるため、食用油やランプの燃料としても使用されていたことがわかっています。19世紀に北米に上陸したヨーロッパの人々によって、このノコギリヤシの不思議なパワーが研究されるようになり、現在は「育毛効果」と「前立腺肥大の抑制作用」が、特にヨーロッパの泌尿器科の専門家から高く評価されているのです。そして近年は日本でも健康食品成分として知られるようになっています。

前立腺肥大と男性型脱毛、「5αリダクターゼ」の関係

前立腺は精液の一部を作る役割を担っている男性だけが持つ臓器で、どの男性も加齢とともに肥大する傾向にあり、その肥大によって膀胱や尿道が圧迫されて頻尿になる、排尿に異常を感じるといったトラブルが生じるのが前立腺肥大症です。

基本的には良性の疾患ですが、夜間の頻尿など日常生活の質が低下することが問題で、なんと60代男性の50%が前立腺肥大に悩んでいるとも言われます。なぜ加齢によって前立腺が肥大するのか、その原因について明確なメカニズムはわかっていませんが、原因の一つに男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」があると考えられています。男性ホルモンとして有名なテストステロンが、元々持っている酵素の一つ「5αリダクターゼ」と結合することで悪性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」に変換され、この「ジヒドロテストステロン」が前立腺細胞の増殖に働きかけるという説です。

さらにこの「ジヒドロテストステロン」は頭皮の毛乳頭と結合することで抜け毛をも促進させるため、前立腺肥大、男性型脱毛、ジヒドロテストステロンは密接に関係しあっているのです。「ジヒドロテストステロン」を減らすためには「5αリダクターゼ」を減らす必要がありますが、この「5αリダクターゼ」を阻害するのに有効な成分がノコギリヤシエキスで、さらにノコギリヤシエキスは「抑制」だけでなくテストステロンとの結合阻止にも働きかけることが報告されています。

ノコギリヤシエキスのなかに含まれる「βシトステロール」という成分が有効性分だと考えられていますが、まだ解明されていない部分も多く残されているようです。

ノコギリヤシエキス、欧米ではすでに医薬品扱い

ノコギリヤシエキスの市場規模は世界で拡大していて、日本だけでも100億円を突破しているとも言われます。すでにイギリス、フランス、イタリア、ドイツ、スウェーデン、ベルギー、ハンガリーでは医薬品として扱われており、アメリカや韓国でも機能性を表示することが認められています。

日本でも今後どのような扱いになるのか、ノコギリヤシエキスに注目が集まります。前立腺の悩みも脱毛の悩みも相談しにくいデリケートな問題ですから、サプリメントで対策できるのなら嬉しいですよね。p>

writer:サプリ編集部