家庭の悩みでイライラする人は「課題の分離」で解決せよ

写真拡大

「仕事にやる気が出ない」「もっと頑張らなくては」──。こんな悩みを抱えている人は多いのでは。今大ブームのアドラー心理学は、無理に頑張らなくても、自分のやる気を引き出せる方法を教えている。やる気をなくしてしまった7つの症状別に「やる気が湧く行動習慣」を紹介していく。

■(6)家庭トラブル型

■それは誰の問題か? という問いをしてみる

家人に始終文句をいわれてムシャクシャする。子供が学校に馴染めず不登校になりそうだ。こんな苛立ちや心配ごとを抱えたまま職場に向かい、勤務時間中も気になって仕事に集中できない――。大なり小なり、こうした経験を持つ人は多いだろう。

こうした場合、まず思い起こしたいのがアドラーの「課題の分離」だ。アドラー心理学では、「それは誰の問題か?」という問いを重要視する。

「家族やプライベートの人付き合いに振り回されている場合、まず課題の所在をはっきりさせよう」とアドラー派の心理カウンセラーでもある小倉広氏はいう。冒頭の例でいえば、家人が不機嫌であることや、子供の不登校が課題なのではない。「それに振り回されている自分」が課題なのだという認識を持つことが解決への近道となる。

課題を分離できたら、次に行動に移してみよう。子供の不登校が心配ならば、子どもを変えようとせずに、自分ができることだけを考える。学校に行けない子供をどうやって応援できるのか。たとえば、学校以外の勉強の機会を探すなど、「子供が学校に行かない」という課題を「自分には何ができるか」という課題に切り替えていく。

常に「あなたの課題は何か」という視点を忘れなければ、いたずらにプライベートな問題に振り回されて、仕事のやる気を損なうこともないだろう。

理屈では分離ができたつもりでも、ついつい引きずってしまうこともある。そんなとき、いちばん簡単なのは深呼吸だ。たかが深呼吸と侮ることなかれ。行動イノベーションの専門家である大平信孝氏いわく、やる気と密接な関係にある自律神経をコントロールする手段として、唯一自分でできるのが呼吸なのだ。

会議中に、家人と前夜にいい争ったことを思い出し、急に気持ちがざわついてくるようなことがあれば、すぐに深呼吸してみよう。いったんその場を離れられれば効果が高いが、応急処置としてはその場で呼吸に集中するだけでもだいぶ違う。

もしそれでも収まらなければ、次に大平氏が勧めるのは、気になっていることをメモに書き出すこと。メモ用紙や書類の片隅でもいい。課題だと感じていることをワーッと書き出し、それを引き出しなど目に触れないところにしまってしまおう。そうやって、私的な問題をいったん「封印」するのだ。

■顔を丁寧に洗うよく味わって食べる

プライベートのゴタゴタを仕事に持ち込まないために、書道家の武田双雲氏は、丁寧な所作振る舞いを心がけているという。

たとえば、起き抜けに顔を洗う際、バシャバシャとシンクに水が飛び散るような勢いでするのではなく、丁寧に水をすくい、その感触を確かめるように洗う。朝食時にも、ワーッと慌ててかき込むのではなく、きちんと味わってひと口ずつ丁寧にいただく。「『丁寧』という言葉の意味するところは非常に深い。一つひとつの所作を丁寧にすることによって、心が整い、人間関係もうまくいく」(武田氏)。

ただでさえ多忙なビジネスパーソンからは、「そんな時間の余裕はないよ」というぼやきも聞こえてきそうだが、武田氏いわく「『丁寧』と『ゆっくり』は違う」。ある程度スピードはキープしながらも丁寧な振る舞いはできるのだ。「F1レーサーだって、時速300キロという猛スピードの中で、実に丁寧に運転している」のだから、一般のビジネスパーソンにもできないはずはない。

ただし、家庭の問題が本当に深刻で時間をとられる場合は、勤務時間中の密度を濃くして、短時間で仕事を片付けるしかない。(http://president.jp/articles/-/21150)のアドバイスと同様、メンタルコーチの平本あきお氏は付箋を使って抱えている業務を書き出すことを勧める。その中から「自分にしかできない仕事」をあぶり出す。この際、部下や同僚に振れるものは、どんどん任せてしまおう。

そうやって重要度が高い業務だけに全力投球すれば、きちんと職場に貢献した気分になれるし、周りからの理解も得られやすい。定時退社しても気まずい思いをしないで済むだろう。心置きなく仕事と私的な問題を両立できる。

----------

小倉 広(おぐら・ひろし)
小倉広事務所代表取締役。組織人事コンサルタント、アドラー派の心理カウンセラー。リクルート、ソースネクスト常務、コンサルティング会社代表取締役を経て現職。
 
大平信孝(おおひら・のぶたか)
アンカリング・イノベーション代表取締役。目標実現の専門家。独自に開発した「行動イノベーション」により、日本大学馬術部を2度の全国優勝に導くなど活躍。
 
武田双雲(たけだ・そううん)
書道家。東京理科大学理工学部卒業。3歳より書道家である母に師事し、書の道を歩む。約3年間のNTT勤務を経て書道家として独立。独自の創作活動で注目を集める。
 
平本あきお(ひらもと・あきお)
チームフロー代表取締役、メンタルコーチ。東京大学大学院修士課程修了。米国の心理学専門大学院(アドラー心理学)でカウンセリング心理学修士課程修了。
 

----------

(小島和子=文 大沢尚芳、榊 智朗、柳井一隆=撮影 教えてくれる人:大平信孝、小倉広、武田双雲、平本あきお)