光源はLEDを採用

写真拡大

台湾のASUSTeK Computerは、モバイルプロジェクター「ZenBeam E1」を2017年2月10日に発売する。110(幅)×29(高さ)×83(奥行)ミリの手のひらサイズに最長約5時間の連続駆動が可能なバッテリーを内蔵し、外出先など電源のない場所でも写真の閲覧や動画を視聴できる。

手のひらサイズ、長約5時間の連続駆動可能なバッテリー

映像入力はHDMI 1.3端子を備え、市販のHDMI変換アダプターを使用すればMHL 2.0対応スマートフォン/タブレットを接続できる。

光源はLEDを採用。電源接続時なら最大150ルーメンを実現し、120型までの投写サイズに対応。設置場所などにより斜めになった投写画面を補正する「自動台形補正機能」を備える。

2ワット出力のモノラルスピーカーを内蔵。バッテリー容量は6000mAhで、背面の給電用USBポートにスマホなどを接続すれば、モバイルバッテリーとしても使用可能だ。

キャリングケース、HDMIケーブル、電源アダプターなどが付属する。カラーはシルバー。

価格はオープン。