「師任堂、色の日記」ストーリーを修正“完成度の高い作品を披露するため”

写真拡大

SBS水木ドラマ「師任堂(サイムダン)、色の日記」が編修を通じてストーリーを修正、補完した。

「師任堂」側は8日、OSENとの取材で「ストーリーのテンポを加速させるために編修を通じてストーリーを修正し、補完した」と明らかにした。

100%事前制作ドラマである「師任堂」はすでに昨年9月すべての撮影を終えており、これまで放送を準備する過程でも多くの編修が加えられた。これは視聴者により一層完成度の高い作品を披露するためである。

すでに放送された第1話から第4話も「師任堂」の編成が週末から平日に変わり、視聴者層を考慮して多くの部分で修正が加えられたというのが制作陣の説明だ。特に理由があったためではなく、事前制作ドラマの特性上必要な過程だったという。

今回の再編集も同様だ。少しでも滑らかで吸引力のある放送のための努力の一環である。特に、第5話からは成人師任堂イ・ヨンエを始めとするソン・スンホン、オ・ユナらが本格的に登場するため、さらに気を使ったという。「師任堂」の本格的なストーリーが始まる第5話から視聴率を上げることができるのか関心が高まる。