レッドカーペット・レポーターに板谷由夏が就任、斎藤工はスタジオゲストとして参加

写真拡大

WOWOWプライムで2月27日(日本時間)に独占生中継される「第89回アカデミー賞」。現地の熱気を伝えるレッドカーペット・レポーターに女優の板谷由夏、スタジオゲストとして俳優の斎藤工の出演が決定した。

【写真を見る】『映画工房』でもMCを務める板谷由夏と斎藤工が、WOWOW授賞式放送を盛り上げる!

映画情報番組『映画工房』(WOWOW)でもMCを務める息ピッタリの2人に、今年のアカデミー賞の見どころを語ってもらった。

--まず、今年のアカデミー賞に期待していることは?

斎藤:ズバリ、トランプ大統領の就任がどれだけ影響するのか。授賞式当日までに起こった出来事が踏襲されることが多いので、この話題は避けて通れないと思うんです。ハリウッドとトランプ大統領の微妙な関係できつつあるし、刺激的な授賞式になるんじゃないかな、なって欲しいなという気持ちはあります。

板谷:私もすごい気になってます。この状況に触れるチャンスは1回しかないので、現地の空気感をちゃんと味わって来たいです。

--映画ファンだけでなく、世界が注目する授賞式に?

斎藤:そうですね。アカデミー賞には時代性が色濃く反映されるので、映画を辿るだけでもその年がどんな年だったかがわかるくらい。その作品が選ばれる意味みたいなものが、ちゃんと込められていると思います。

--最多ノミネートの『ラ・ラ・ランド』旋風はどう思います?

板谷:私たち、あまのじゃくだからね。

斎藤:ひとつに集中しすぎるより、分散して欲しいんです。アカデミー賞受賞の冠は大きいので、受賞作品を見ようと思う方は多いじゃないですか。どの部門であれ、いろいろな映画が賞をつかみ取って欲しいです。

--レッドカーペット・リポーターの板谷さんに期待していることはありますか?

板谷:私が名前を言い間違えたら、フォローしてくれるもんね?(笑)

斎藤:もちろんです。板谷さんはご自分のルールがあって、それを現場でも言ってくれそうで。例えば、デンゼル・ワシントンのことを“デンゾー”って呼んだり、世界共通くらいの感じで言うから(笑)。

板谷:そう、デンゾー(笑)。

--「第87回アカデミー賞」でレッドカーペット・ナビゲーターを務めた斎藤さんから、経験者としてのアドバイスはありますか?

斎藤:気候ですかね。僕が行ったときは、雨が降ったんですよ。気温が下がってしまうと、ドレスアップした女性は早く会場に入ろうとするのでキャッチしづらくなるんです。でも、そういった当日の天気も含めて、“生もの”というところがおもしろいところでもあるのかな。それと、異文化圏のメディアの方々と交流するのもおもしろい。民族衣装でいらしていて。

板谷:行ったことある人しかわからないことですよね。私のなかでは緊張感のほうが強いので、彼が体験したことを聞くとちょっとホッとします。

斎藤:今はみんなSNSをやっているから、余裕があればインスタやTwitterを使うのもおもしろそうですよね。板谷さんなりのレポートを楽しみにしています。

--レッドカーペットで俳優さんたちをキャッチするコツはありますか?

斎藤:ポジションにもよるんですけど、米国外メディアの一番目がWOWOWの場所からだったので、いい意味で目立つと思います。先日、グザヴィエ・ドラン監督にお会いしたんですけど、アジアの映画マーケットをすごく大事にして下さっているんです。現地レポートのときもアジアのマーケットは重宝されているなというのを感じましたし、板谷さんは存在感がものすごくある方なのでスルーはされないと思います。

板谷:大丈夫かな? スルーされたらどうしよう……。

斎藤:いやいや、そのときはピコ太郎の格好をすれば大丈夫ですよ!

板谷:スルーされたら、ピコ太郎になろうか(笑)。音流してもいいの?

斎藤:音はダメですよ、音なしでお願いします(笑)。

--ノミネートされた方々のなかで、どなたの受賞スピーチが見てみたいですか?

斎藤:個人的に見たいのは、『ハクソー・リッジ(原題)』で監督賞にノミネートされているメル・ギブソン。『リーサル・ウェポン』コンビのダニー・グローバーが質問しに来ていたら最高ですけどね。あとは、もし『ラ・ラ・ランド』が受賞を独占するなら、『レ・ミゼラブル』のときのような演出を期待します。主演のライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが歌って踊って、芝居でやっているピアノもいかした演出にして欲しいなぁ。