写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日立ソリューションズは2月8日、ポイント管理ソリューション「PointInfinity」において、2017年度の製品開発や機能拡充を視野に入れたブロックチェーン技術の適用検証を2月9日から開始すると発表した。

同社ではブロックチェーン技術の適用検証の第1弾として、テックビューロのプライベート・ブロックチェーン基盤ソフトウェア「mijin」を試用し、「PointInfinity」の特長である大量のトランザクション処理やポイント・電子マネーの同時管理、電子決済などの実現性を確認する。

また、ブロックチェーンの特徴とされるポイントの付与履歴などの改ざんを防ぐ強固なセキュリティや、BC/DR(事業継続/災害復旧)対策の信頼性、システム構築・運用コストの低減などについて検証する。

今後、「Hyperledger」など、さまざまなブロックチェーン基盤での検証も行い、これらの検証結果やノウハウを基に、ブロックチェーン型「PointInfinity」の実現をめざし、2017年度の製品開発や機能拡充を検討していく。

(辻)