元RAINBOW スンア、ドラマ「その女の海」出演オファーを受け“前向きに検討中”

写真拡大

RAINBOW出身のスンアが、KBS 2TVテレビ小説「その女の海」への出演オファーを受けた。

スンアの所属事務所G&Gプロダクションの関係者は本日(8日)、マイデイリーに「『その女の海』に出演確定したのではない」として、「前向きに検討中」という立場を伝えた。

KBS 2TVテレビ小説「その女の海」(脚本:キム・ミジョン、イ・ジョンデ、演出:ハン・チョルギョン) は1960〜70年代を背景に、時代の悲劇により作られた辛い家族史を経て、血より濃い人情を感じる3人の母娘の切ない成長期を盛り込んだドラマだ。当初ユン・スイン役に新鋭女優キム・イェウンがキャスティングされたが、スケジュール上の都合で辞退し、スンアが候補に上がった。

「その女の海」は「あの空に太陽が」の後番組で、韓国で27日に放送がスタートする予定だ。