「逆賊」キム・サンジュン、村を離れて盗賊の群れに合流

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
キム・サンジュンが村を離れる。

7日、韓国で放送されたMBC「逆賊:民を盗んだ盗賊」では、妻の無実を証明したアモゲ(キム・サンジュン) の姿が描かれた。アモゲは妻の濡れ衣を晴らした後、妻の墓の前で「あなたとこうやって暮らしたい」と話す。

その時、妻の幻影が表れ「子どもたちはどうするの」とし、立ち上がるようにと話す。アモゲはその場で眠り、子どもたちは父親を探して山の中を彷徨う。子どもたちは母親のおかげで父親を発見する。

アモゲを苦しめたチョ参奉(チョ・チャムボン、ソン・ジョンハク) 婦人は実家に帰り、アモゲは自身を助けてくれた刑房オム・ジャチ(ヒョンバン、キム・ビョンオク) に村を離れると話す。アモゲは「以前の約束は俺が守る。刑房様を官衙の一番偉い位置に据えてやる。奴婢でも同じ奴婢ではない。俺には能力がある」と話す。

その後、アモゲは家族と共に村を離れ、盗賊の群れに合流した。