写真提供:マイナビニュース

写真拡大

LINEの関連会社であるワークスモバイルジャパンは2月7日、同社が提供する「LINE」とつながるビジネスチャット「LINE WORKS」と、ジェナのAIチャットボットサービス「hitTO(ヒット」が連携対応したと発表した。

LINE WORKSは、LINEを踏襲した使いやすいチャット機能に加え、掲示板機能、組織階層型アドレス帳、メール、予定表、ファイル共有などを提供する、ビジネスコミュニケーションツール。スマートフォンに最適化しており、使いやすさや、法人利用を想定したセキュリティ・管理機能を実装している。

一方のhitTOは、ユーザーと自然な対話ができる、AIを活用した高機能チャットボット。迅速かつ容易にWebサイトやアプリケーションに組み込めるソリューション。使い込めば使い込むほど学習して成長し、導入企業の特性にあわせた最適な回答をする特長がある。

今回の連携により、「LINE WORKS」へAIチャットボット機能を容易に搭載するできるようになる。

ユーザーが「LINE WORKS」のアプリケーション上で、チャットボットへメッセージを送ると、チャットボットがメッセージに対して最適な回答を自動的に行う。従来は人間が個別に対応していた質問に対してAIと連携したチャットボットが自動的に回答することにより、大幅な業務の効率化・対応工数の省力化が可能。

AIと連携したチャットボットは、社内からの問い合わせに対応する「社内ヘルプデスク業務」における活用、営業担当者からの質問に対して提案に最適な製品資料や顧客情報を提供する「営業支援ツール」としての活用など、ビジネスにおけるさまざまな利用シーンにおいて活用できるという。

(Aries)