写真提供:マイナビニュース

写真拡大

エンカレッジ・テクノロジは2月7日、ファイル受け渡し・無害化ソリューションの最新版「ESS FileGate V1.1」の販売を開始すると発表した。

ESS FileGateは、分離されたネットワーク間で、USBメモリなどの可搬媒体を使用せず、安全にファイルの受け渡しを実現する、ファイル受け渡し・無害化ソリューション。最新版では、トレンドマイクロの総合セキュリティ対策製品「Trend Micro Deep Security」と連携し、ファイルを内部ネットワークに持ち込む際、マルウェア検査を実行、安全が確認できた場合にのみ持ち込みを許可することが可能になった。

ESS FileGateには、地方自治体の強靭性向上モデルに対応した「ESS FileGate for Government」と一般企業向けの「ESS FileGate for Business」の2つのエディションがある。今回、それぞれのエディションにおいて、次のような機能強化を提供する。

地方自治体において進められている情報システム強靭性向上モデルにおいては、インターネット環境からLGWAN環境にファイルを持ち込む際、ファイル無害化処理を行う必要がある。今回の強化により、ESS FileGate for Governmentを使用してファイル無害化・受け渡しを実現できることに加え、無害化されたファイルに対してマルウェア検査を実行することにより、さらに安全性が高まる。

また、一般企業において、分離ネットワーク間でファイルの受け渡しを行う際には、必ずしも無害化を行わず原本ファイルの受け渡しを行うことがある。ESS FileGate for Businessでは、原本ファイルの受け渡しに対応しているが、今回の強化により、内部ネットワークに持ち込む前にマルウェア検査を実行し、安全を確認できたファイルだけが持ち込みできるようになり、有害なファイルを誤って持ち込むリスクを排除できる。

(Aries)