ダグズ・バーガーの多良間牛パテを挟んだ「DOUG’S BURGER」(961円)

写真拡大

2月2日、アミュプラザ博多(福岡市博多区)地下1階のフードコート「Hakata9(ハカタナイン)」がリニューアル。宮古島でしか味わえなかった絶品ハンバーガーの店「DOUG’S BURGER(ダグズ・バーガー)」と、台湾などアジア各国の小皿料理をお酒と共に楽しめる「HAY HAY MAMBO(ヘイヘイマンボ)」が新しくオープンした。

【写真を見る】ダグズ・バーガーの宮古島近海のキハダマグロを使った「MIYAKO TUNA STEAK BURGER」(1296円〜)

「DOUG’S BURGER」では、オーナーダグさんが惚れ込んだ、宮古島近海のキハダマグロのステーキや多良間牛と天然酵母のバンズを使ったバーガーが登場。こだわりのオニオンリングスやツナサラダなど、サイドメニューにも注目だ。

隣に店を構える「HAY HAY MAMBO」は、台湾職人直伝の点心をはじめ、アジア各国から勢ぞろいした40種類以上のメニューを小皿でちょっとずつ楽しめるアジアンバル。

イチオシの「喜喜饅(ヘイヘイマン)」は、台湾ではポピュラーな割包(ガーパオ)に、小皿料理やメインのお肉など、いろんな具材をはさんで楽しめる。

ドリンクは、定番のビール、ハイボール、ワイン、カクテルはもちろん、果実をバーボンに漬け込み熟成させた、自家製のフルーツハイボールなどをラインナップ。料理に合わせてお酒も変える、そんな楽しみ方もおすすめだ。

新たに仲間入りした2店舗の他にも、カフェやビストロ、立飲み酒場など、バラエティ豊かなショップが集う「Hakata9」。ショッピング途中の休憩や仕事が帰りなどに寄ってみてはいかが?【福岡ウォーカー編集部/杉山はづき】