松崎しげるに唇を奪われた
「相席スタート」の山崎ケイ

写真拡大

 「プラダを着た悪魔」のデビッド・フランケル監督の新作「素晴らしきかな、人生」のバレンタイン直前イベントが2月8日、都内で行われ、歌手の松崎しげる、お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイが出席した。松崎は「愛、時間、死」が本作のテーマだと説明し「愛について深く考えさせられる。見た後は必ず自問自答したくなるはず」と熱弁した。

 ウィル・スミス、ケイト・ウィンスレット、キーラ・ナイトレイ、エドワート・ノートン、ヘレン・ミレンらアカデミー賞受賞&ノミネート経験のある実力派キャストが結集する本作は、最愛の人を失ったことで深い喪失感に見舞われてしまう広告代理店の代表ハワード(スミス)が主人公。何事に対してもやる気を失ってしまったハワードの人生が、年齢も性別も異なる3人の奇妙な舞台俳優との交流をきっかけに、徐々に好転していく様を描く。

 スミスの大ファンだと明かした松崎は「彼のキュートな笑顔がほとんど出てこないし、アクションをするシーンもない。セリフも登場人物の中では一番少ないんじゃないかな。でも、黙っていても引き込まれてしまう魅力があります」と太鼓判。さらに「涙が止まらなかった。生きるためのヒントがいっぱい含まれている」と感動的なストーリーを絶賛し、代表曲「愛のメモリー」の替え歌を披露した。

 この日は、山崎が松崎にバレンタインチョコをプレゼント。チョコの形は松崎をリアルに再現したもので、製作期間は3週間。「今までもらったチョコの中で一番うれしいかも」と満面の笑みで受け取った松崎は、さらに頬へのキスを山崎におねだり。だが、キスの瞬間、松崎が顔の向きを変えて、山崎の唇を奪ってしまうひと幕もみられた。

 突然の出来事に赤面する山崎は「私、仕事でキスをしたのは初めてかもしれない」と驚きの表情。感想を求められ「柔らかくて、素敵でした」と応えると、松崎が「色素が移るかもしれない」と肌の色をネタにしたギャグで切り返し、笑いを誘った。そして「奥さんに怒られませんか?」と突っ込まれた松崎は、「実はバレンタインデーが結婚記念日」と明かし、「ほかにも出会った日、互いの誕生日など、何かの節目は必ず記念日にして祝っています」と妻への揺るぎない愛を告白していた。

 「素晴らしきかな、人生」は、2月25日から全国で順次公開。