26歳のロッカー、薬物やアルコール影響下で運転 Photo by Rodin Eckenroth/Getty Images

写真拡大

 米俳優ニコラス・ケイジの息子で、ロックミュージシャンのウエストン・ケイジが2月4日午後(現地時間)、DUI(薬物やアルコール影響下での運転)で逮捕されていたことがわかった。

 米TMZによれば、シボレー「カマロ」を運転していたウエストン(26歳)は米ロサンゼルスのサンフェルナンドバレーで軽い接触事故を起こし、相手のドライバーと話すために停車したものの、通報されたため逃走。事故現場から1マイル(1.6キロメートル)ほど離れた場所で警察の追跡を受け、操縦を誤り道路標識や郵便受けなどにぶつかった後、木に衝突したという。

 ロサンゼルス市警は米ピープル誌の取材に対し、ウエストンの容疑はDUIだけで、事故現場からの逃走は含まれていないと話している。ウエストンは病院で検査を受けた後で連行されたが、すでに3万ドル(約335万円)の保釈金で保釈されたようだ。

 ニコラス・ケイジと、かつて交際していたモデル、クリスティーナ・フルトンとの間に生まれたウエストンは、2011年に当時の妻ニッキー・ウィリアムズへのDV(ドメスティック・バイオレンス)容疑で逮捕。離婚後に薬物乱用で苦しんだことを同誌に明かしていたが、2014年に現在の妻であるダニエル・ケイジが長男ルシアン・オーガスタスを出産してからはクリーンな状態を保つことに注力していたという。