地元の食材をふんだんに使用

写真拡大

ローソンは、2017年2月9日より、宮城県内のローソン店舗で、「気仙沼高校発!宮城の恵み食べてけらいん弁当」を期間限定で発売する。

気仙沼高校の生徒が「地元の食材を使用し地域の活性化を応援したい」という気持ちをこめて考案した商品(宮城県主催の平成28年度「高校生地産地消お弁当コンテスト」で優秀賞)のレシピをローソンが商品化した。

売上の一部は、東日本大震災で被災された学生を支援するローソンの奨学金制度「夢を応援基金」に寄付される

おかずとして、メカジキの水揚量が日本一である気仙沼のメカジキのフライ、しんじょしそ風味味噌和え(仙台味噌使用)、宮城県産小松菜の煮びたし、枝豆玉ねぎかつおフレークマヨネーズ和え、三陸産昆布と人参の煮物を盛り付けた。

ご飯は生姜人参宮城県産小女子入り炊き込みご飯。

価格は498円(税込)