6日、中国山西省呂梁市石楼県で、役人の男性が路上で愛人をかばい妻を殴る動画がネット上で拡散し物議を醸した問題で、この男性は生活作風問題(浮気など男女問題)を理由に停職処分を受けていたことが分かった。資料写真。

写真拡大

2017年2月6日、中国山西省呂梁市石楼県で、役人男性が路上で愛人をかばい妻を殴る動画がネット上で拡散し物議を醸した問題で、この男性は生活作風問題(浮気など男女問題)を理由に停職処分を受けていたことが分かった。中国新聞網が伝えた。

動画が拡散し、ネット上でこの人物が特定され、その後、この男性の停職処分に関する5日付の会議録もネット上に流出した。会議録には「石楼県社会労働保険事務所長の男性は4日、生活作風問題が原因で、路上で妻と激しい衝突を起こし、社会に著しい悪影響を及ぼしたため、停職処分とすることを決定した」などと記されていた。県労働社会保障局の関係者は、会議録の内容は事実だと認めているという。(翻訳・編集/柳川)