アップル、W1チップ搭載「BeatsXイヤホン」を2月11日発売決定。1万4800円

写真拡大

あのAirPodsで初採用されたアップルの無線チップ「W1」。これを搭載するBeats製のカナル型Bluetoothイヤホン「BeatsX」の国内発売が2月11日に決定しました。

アップルストアとアップルオンラインストア、およびauオンラインショップにて先行発売。価格は税別1万4800円です。

BeatsXは、左右ユニットをケーブルで結ぶ首掛けタイプのカナル型Bluetoothイヤホンです。AirPodsのような完全ワイヤレスではありません。

特徴的なのが急速充電です。充電には同梱のLightningケーブルを使用し、わずか5分の充電で2時間の再生が可能。45分の充電で最大8時間の再生が可能です(いずれも公称値)。だいたい3〜5時間ぐらいしか電池がもたない完全ワイヤレスイヤホンへの優位性を誇示します。

また完全無線イヤホンのAirPodsと同様に、Bluetoothイヤホンのペアリングを劇的に省力化するアップル新開発の「W1チップ」を搭載。macOS Siera、iOS 10、watchOS 3を搭載するアップル製品と簡単にペアリングできます。またAndroidデバイスやBluetooth対応プレーヤーに対しても、一般的なBluetoothイヤホン/ヘッドホンとして利用可能です。

カラーはブラックおよびホワイトの2色展開。落として紛失しそうな完全ワイヤレスよりも、外れてもすぐには落ちない首掛け型のほうが好みだというユーザーに最適なイヤホンと言えそうです。