横浜FM、パク・ジョンスが左肘脱臼で全治約1カ月 開幕戦出場は絶望的に

写真拡大

 横浜F・マリノスは8日、DFパク・ジョンスが負傷したことを発表した。

 クラブ発表によると、パク・ジョンスは7日に行われた大宮アルディージャとの練習試合で負傷。宮崎市内の病院で検査を受けた結果、左肘関節脱臼と診断され、全治4〜5週間の見込みとなっている。

 現在22歳のパク・ジョンスは、2015年9月から横浜FMに練習生として参加。2016年から正式に入団し、昨季の明治安田生命J1リーグでは13試合1得点を記録した。

 今季のJ1リーグ開幕は2週間半後の今月25日。横浜FMはホームで浦和レッズと対戦する。