ドラム式洗濯機が故障 業者に修理を依頼したら、悩ましい事実が判明

写真拡大

洗濯物と洗剤を入れるだけで、乾燥まで仕上げてくれるドラム式洗濯機。高級家電ながら、その便利さ・水道代のお得さから愛用者が年々増え続けています。

ところが便利な反面、メンテナンスが非常に面倒という事実もあるようです。

「やっぱり縦型の方が良いのかな…」「とはいえドラム式の魅力は捨てがたい!」購入を悩む方にとって、有益なエピソードが公開されました。

ドラム式洗濯機が故障した!

Twitterユーザーの山本ダンさん(@DangYamamoto)は、ドラム式洗濯機を愛用する一人。

「洗濯機本体の値段はかなり高いが、水道代は縦型洗濯機よりもかなりお得。長く使えば、元は取れると言い切れる」

こうきっぱり語ります。しかし、ドラム式洗濯機を購入して2年半が経ったころ、山本さんは不具合に悩まされます。

凶悪な振動音がする乾燥も生乾きが多発タンクの水が排水しなくなる故障

メーカーに依頼し修理したものの、1万5千円もの修理費がかかってしまったそうです。

それから半年後、また不具合が

修理から半年、またエラーが出てしまいます。

「半年しか経っていないのに、また大金出さなきゃいけないの!?」

山本さんは「買い換え?」も考える事態に。

しかし、購入時と前回の故障時に調べ「ドラム式洗濯機の最大の弱点は『ホコリ詰まり』」であることを知っていた山本さん。

解決策をネットで探し続け、ある業者にたどり着きます。

それは神奈川県相模原市・町田市でハウスクリーニングやエアコンクリーニングを手掛ける、テイユー株式会社さんでした。

テイユーさんによる、貴重な掃除シーン

Googleで見つけたテイユーさんに、山本さんは早速電話をかけます。修理金額は2万2500円とのこと。

「正直高い…」

ですが、背に腹は代えられぬと思ったか、修理を依頼。数日後、感じのいい作業員、K岡さんが来訪しました。

「あの〜、作業なさってるところ、写真にとってSNSにあげていいですか」

ダメ元で…と尋ねてみた山本さんに、「ええ、どうぞどうぞ」なんと、K岡さんは快諾!

その工程がTwitter上に公開されることになりました。

※編集部注:「なにかし忘れてる事があるような気がする」…キャラクターのポスターのことと思われます。

手際良く、ドアが外されていきます。

そしていよいよ、ホコリ掃除へ。山本さんはエラーの原因はダクトが詰まっているせい、と考えていたそうですが、実は排水口のホコリ詰まり。ドラム内の水を循環させる排水口が、完全にホコリでふさがっていたのだそうです。

K岡さんがスマホで見せてくれた、過去の例。このホコリの量は…ゾッとします。

山本家のドラム式洗濯機、ホコリ摘出作業完了!!

手のひらにごっそり…なかなかの量が溜まっていたようです。

もっとまめに掃除をしていたら、このエラーは防げたのでしょうか? それはこのあと明らかになります。

ドラム式洗濯機の掃除 山本さんによるまとめ

メンテナンスの費用は高かった?

経験と知識が豊富な業者さんが見つけられたことが、肝だったようです。

縦型とドラム型、いいとろの比較

本体価格が高いこと以外、ドラム式に弱点はないように見えますが…

ドラム式最大の弱点

K岡さんも「縦型には戻れない」と語っていることから、ドラム式洗濯機の利便性の高さがうかがえます。

とはいえ、まだ技術的に道半ばな品。日々のメンテナンスは個人でやれることに限りはあり、定期的に業者に依頼する必要があるようです。

K岡さんが教える、ドラムの汚れに適した薬品

ドラム式で悩んでいる人の参考になれば

「ドラム式洗濯機は、業者による定期的なメンテナンスが有効」これさえ納得できれば、縦型には戻れないほどの使いやすさには満足する人も多いでしょう。

日本の家電製品の技術は日々驚くような進化を遂げています。今ドラム式洗濯機が抱えている問題も、近い将来に解決する可能性は多いにあります。

今買うか、待つか…今回語られた長所と弱点は、悩んでいた人には決断への大きな後押しになりそうです。

[文・構成/grape編集部]