南アの刑務所、過剰収容のため他州へ移送(出典:http://www.iol.co.za)

写真拡大

南アフリカ・ケープタウンにあるポールスムーア刑務所(Pollsmoor Prison)は、かつてネルソン・マンデラ元大統領が一時収容されていたことで知られる。同刑務所は過剰収容が問題になっており、また管理体制もずさんになっているという。このたび西ケープ州最高裁が受刑者の環境を鑑み収容人数を減らすよう決議し、州内の2500人の受刑者が他の州に移動させられることとなった。

ポールスムーア刑務所の収容人数は3900人であるが、法に従って受け入れた結果、現在は約8000人にも上るという。大部屋には熱気により半裸状態の者で溢れており、大人数が使用するトイレは1か所だけだ。

同刑務所はケープタウン市内の裁判所から被告や実刑判決が下された者を受け入れているが、これは法のもとに定められており、受け入れなければ法廷侮辱罪に問われることになる。

この過剰収容への解決策として、ポールスムーアをはじめケープタウンの主要な刑務所3か所から受刑者を他州へと移す計画が2月と3月をメインに実施される。プロジェクトが終了するのは6月で、述べ2500人が移動すると見られている。これにより、現在裁判待ちの被告のベッドが確保される予定とのことだ。

ただし移送される受刑者は家族と遠く離れてしまうため、面会時に交通費の出せない家族は出所するまで会えなくなってしまうという理由で猛反発しているようだ。

出典:http://www.iol.co.za
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)