1

現実世界にゲームのようなグラフィックを描写できるMicrosoftのHoloLensは、すでに開発者版(Development Edition)が発売されており、AR(拡張現実)とVR(仮想現実)が融合したMX(複合現実)の世界の開発が始まっています。そんなHoloLensをゲットしたゲーム開発者のケニー・ワンさんが、アクションパズルゲーム「Portal」や「ポケモン」のHoloLensバージョンのプレイムービーを公開しています。

Portal in Augmented Reality with HoloLens - YouTube

Portalは「ポータル銃」と呼ばれる銃でキューブを拾ったり、壁にテレポートできる穴を空けたりしながら仕掛けを突破していくゲーム。



壁にポータル銃を向けて指をピンチすると、赤い穴が出現。



別の場所にポータル銃を向けると、青い穴も出現しました。この2つの穴はつながっており、キューブを入れたりプレイヤーが入ると、もう一方の穴から出てくるという仕組みになっています。



例えば床に2つの穴を作ってキューブを放り込むと、キューブが穴から飛び出しては別の穴から飛び出す無限ループになります。



MX(複合現実)の性能はすさまじく、ゲームのオブジェクトであるキューブを転がすと、階段の段差をガタガタ落ちていきます。



目に見えている壁の位置もしっかり認識しているのがわかります。ただし、プレイヤーが入っていくことはできないものと思われます。Portalでは金属製の壁や床には穴を作れないのですが、そのあたりも再現されているのか、再現されているとすれば「金属」という物質の違いまで認識できるのかが気になるところです。



なお、ワンさんは以前にHoloLensでポケモンをプレイできる「PokeLens」も開発済み。以下からプレイムービーを見ることができます。

PokeLens: Fan Pokemon RPG battle system for the HoloLens (Gameplay Video) - YouTube

どこにでもあるのどかな公園に、うっすらとモンスターの影。指を空中でピンチすると……



モンスターボールのアイコンが画面いっぱいに広がり、ポケモンの戦闘BGMが鳴り始めました。



すると「ポッッポがあらわれた!」というメッセージとともにコマンドメニューが空中に出現。



左側に浮いている2つのモンスターボールは手持ちのポケモンの表わしており、カーソルを合わせると中のポケモンが表示されます。戦わせるポケモンを決めてピンチすると……



「いけ!ピカチュウ!」というメッセージとともに、モンスターボールからピカチュウが出現。





ピカチュウのコマンドが表示されるので、「Quick Attack(でんこうせっか)」を選択。



命令されたピカチュウがポッポに攻撃を仕掛けました。





負けじとポッポもでんこうせっかで反撃。本当に現実世界の公園でポケモンがバトルを繰り広げています。



ピカチュウが10まんボルトを放ったり……



敵のピカチュウがでんじはで攻撃力を下げたりしています。



もちろんポケモンを捕まえる機能もあり、「Pokeball(モンスターボール)」を選択すると……



ピンチでモンスターボールがターゲットに飛んでいきました。



無事捕まえることに成功です。