映画『フリー・ファイヤー』マーティン・スコセッシ総指揮、ひたすら撃まくる怒涛の90分間

写真拡大

映画『フリー・ファイヤー』が2017年4月29日(土)より全国で公開される。

本作は、始まりから終わりまでの90分間、ワンシチュエーションでとにかく撃ちまくる、まさに狂気的でぶっ飛んだ”最狂映画”。倉庫に集まった2組のギャングの銃取引をきっかけに、生き残りをかけたスリリングでクレイジーな銃撃戦が巻き起こる。また、本作はただ勢いが良いだけでなく、トロント国際映画祭でも賞を獲得するなど、映画界でも話題の1本だ。

なんと言っても注目は、その豪華なキャストとスタッフだろう。製作総指揮を務めるのは、自身の監督作『沈黙−サイレンス−』が日本でも反響を呼んだ巨匠マーティン・ スコセッシ。そして、主演を務めるのは『ルーム』でアカデミー賞に輝いたブリー・ラーソン。今までの優しい印象を打つ破るような、罵詈雑言に拳銃を打ちまくる姿には注目だ。

その他に、『インセプション』のキリアン・マーフィや、『コードネーム U.N.C.L.E.』アーミー・ハマー、さらには『シング・ストリート 未来へのうた』にも主演したジャック・レイナーなど、個性的な実力派俳優ばかりを揃えた。

■ストーリー
ある場末の倉庫。銃取引で集まった2組のギャング。 しかし、ある揉め事から交渉がこじれ、突如として壮絶な銃撃戦に! 全員瀕死の発狂状態の中で、最後まで生き残るヤツは一体誰だ!?

【詳細】
『フリー・ファイヤー』(原題:FREE FIRE)
公開日:2017年4月29日(土) 全国ロードショー
製作総指揮:マーティン・スコセッシ
監督:ベン・ウィートリー
出演:ブリー・ラーソン、シャールト・コプリー、キリアン・マーフィ、アーミー・ハマー
配給:REGENTS
(C) Rook Films Freefire Ltd/The British Film Institute/Channel Four Television Corporation 2016/Photo:Kerry Brown


[写真付きで読む]映画『フリー・ファイヤー』マーティン・スコセッシ総指揮、ひたすら撃まくる怒涛の90分間

外部サイト

  • 「爆音映画祭」丸の内ピカデリーで開催、『キングコング』や『ダークナイト』を爆音上映
  • 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』をオーケストラ生演奏&大スクリーンで楽しむ公演が全国で開催
  • 映画『いぬやしき』主演・木梨憲武、佐藤健が大量殺人鬼に -「GANTZ」奥浩哉の人気漫画を実写化