ムン・グニョン、第3次手術を受けて回復中…演劇「ロミオとジュリエット」はキャンセルに

写真拡大

ムン・グニョンが演劇「ロミオとジュリエット」の地方公演をキャンセルした。急性コンパートメント症候群で3回の緊急手術を受け、当分健康の回復に集中する。

所属事務所NAMOO ACTORSは7日の午後「ムン・グニョンが制作会社と数回議論した末、予定されていた演劇『ロミオとジュリエット』の大邱(テグ)、安東(アンドン) 公演もやむを得ずキャンセルすることにした」と公式立場を伝えた。

健康の回復のため、スケジュールを全部中断したのだ。所属事務所側は「ムン・グニョンが本日、第3次手術を受けて回復している。幸い術後の経過は良いが、追加手術が必要な状況になる可能性もある」と伝えた。

最後にムン・グニョン側は「待ってくれた観客の皆様をはじめ、公演と関連したすべての方々に迷惑をかけたこと、心からお詫びする。了承お願いしたい」と観客たちに謝罪の言葉を伝えた。

これに先立ってムン・グニョンは1日、急性コンパートメント症候群という診断を受けた。この日突然、右手に痛みを感じ、すぐに病院に行って緊急手術を受けた。

急性コンパートメント症候群は、コンパートメント(区画) 内の組織の圧力が上がることによって、筋肉や神経組織への血流が一定水準以下に減少し、激しい痛みと麻痺、神経組織の損傷などを誘発する疾患だ。

しかし、それにも関わらずムン・グニョンはステージに立ちたいという意志を示したが、3回も緊急手術を受け、結局公演を諦めるしかなかった。

女優ムン・グニョンが緊急手術…急性コンパートメント症候群

ムン・グニョン、4日に追加手術を受ける…現在の状態について事務所がコメント