『サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ』

写真拡大

ドキュメンタリー映画『サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ』が、2月18日から東京・有楽町スバル座、渋谷のアップリンクほか全国で順次公開される。

【予告編と画像を見る】

同作はフラメンコが盛んな地域であるスペイン・サクロモンテ地区のルーツや記憶を探るドキュメンタリー作品。かつて迫害を受けたロマたちが洞窟に集住して文化を醸成したと言われ、多くのフラメンコアーティストを生み出すも、1963年に大きな水害に見舞われたサクロモンテ地区を取材する。

作品はサクロモンテに関わりを持つダンサー、歌手、演奏家らへのインタビューや、詩の朗読、演奏とダンスの記録映像などから構成される。監督は『デリリオ ―歓喜のサルサ―』のチュス・グティエレス。