写真提供:マイナビニュース

写真拡大

KDDIとクリプトン・フューチャー・メディアは2月7日、2017年2月10日から2017年2月12日まで、北海道にある「雪ミクスカイタウン」 および「サッポロファクトリーアトリウム」 の両会場で、3DカメラによるAR体験を実現するGoogleの「Tango」の空間認識技術を用いて、仮想キャラクターによる案内サービスの実証実験を行うと発表した。

同実証実験では、北海道を応援するキャラクター「雪ミク (初音ミク)」を起用し、体験者がTangoに対応したスマートフォン「Lenovo Phab 2 Pro」 で専用アプリ「ミク☆さんぽ」を起動してかざすと、3Dモデル(3DCG)が作成した等身大「雪ミク」が、地面の上に立っている姿がスマートフォンの画面に表示され、「雪ミク」をあらゆる角度から見ること、一緒に散歩することなどが可能。

「雪ミク スカイタウン」では、体験者がかざすスマートフォンのカメラに映っている展示の絵など、周囲の環境に「雪ミク」が反応することで、あたかも「雪ミク」が現実に居るかのような体験をできる。

「サッポロファクトリーアトリウム」では、2017年2月11日から2017年2月12日まで、実証実験の一環として「雪ミク」が歌って踊る姿をあらゆる角度から見ることができるデモンストレーションを体験できる。

両会場では、「雪ミク」の姿を体験用スマートフォンで撮影し、写真をその場でダウンロードすることも可能。