7日、「日本が英シンクタンクを援助し反中PRを展開している」の報道に対し、中国外交部は定例記者会見で「無駄な労力」と発言した。写真は英・ロンドン。

写真拡大

2017年2月7日、「日本が英シンクタンクを援助し反中PRを展開している」の報道に対し、中国外交部は定例記者会見で「無駄な労力」と発言した。中国外交部公式サイトが伝えた。

先月末、英紙サンデータイムズは「日本が英国のシンクタンクに資金援助、反中PR活動を展開」と報じた。報道によると、政界関係者や記者が中国の外交政策に反対意見を出すことを支持する英シンクタンク「ヘンリー・ジャクソン・ソサエティー(HJS)」を日本が援助し、「HJSは日本大使館から毎月1万ポンド(約140万円)の経費を受け取って、中国に焦点を当てたPR活動をサポートしている」と報道した。

この報道について中国側の意見を聞かれた中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は、「関連報道は目にした。日本側の説明はないが、この報道が事実なら無駄な労力としか言いようがない。日本が日中関係の改善を呼び掛けている一方で反中活動を行っているとしたら、信用問題に関わる。中国を正しく認識し日中関係改善に有益な活動を行ってほしい」と述べた。(翻訳・編集/内山)