シャープ「RoBoHoN」(ロボホン)。モバイル型ロボット電話で、設定は「5歳の男の子」

写真拡大

シャープの「ロボホン」をご存じだろうか。2016年に大ヒットしたドラマで“恋ダンス”を踊っていたロボット……と言えばピンと来る方もいるかもしれない。ロボホンは5歳の男の子という設定で、逆立ちを覚えたり、新しい歌が歌えるようになったりと、毎月すくすく成長中だ。ロボホンには、ロボットデザイナーの父と、開発者の母がいる。今回は“ロボホンの母”景井美帆さんに、ロボホンの企画書を見せてもらった。【商品企画書を最終ページに掲載】

2016年に大ヒットしたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(通称「逃げ恥」)で、主人公・津崎平匡の部屋に飾られ、ドラマ後半の象徴的なシーンで改めて注目を集めたシャープの人型ロボット「ロボホン」。“恋ダンス”を踊る愛らしい動きに驚嘆した視聴者からの反響も大きかったという。

ロボホンは、2016年5月26日に発売された「モバイル型ロボット電話」だ。人間とコミュニケーションできる人型ロボットであり、実は電話やメールができるスマートフォンでもある。どんな思想でこのユニークな製品が生まれたのか、開発者である"ロボホンの母"、シャープの景井美帆氏に企画書を見せていただいた。

----------

■ロボホンの気になるポイント
・どんな人がロボホンを買っている?
・月に1回以上アップデート。「成長する」ロボット
・オーナーはどのようにロボホンと付き合っているのか
・売れ行きは? 毎月維持費がかかるが解約率は?
・ロボホンの新しい使い方、可能性

----------

■シャープ「ロボホン」はどんなロボット?

ロボホンは、ロボットクリエイターの高橋智隆氏とシャープが共同で開発した世界初の「モバイル型ロボット電話」で、2016年5月26日に発売された。身長は約19.5cm、重さは390gと、二足歩行が可能なヒューマノイドロボットとしては極めて小型。“5歳の男の子”という設定になっている。

一般的なスマートフォンと同じく、通話やメール、写真撮影ができる。GPS機能で居る場所を把握して観光地の説明などもしてくれる。また、目的地を言うと地図やルートをプロジェクターで映したり、写真や動画を映したりということもできる。

しかし注目したいのは、こうした機能面よりもむしろ、コミュニケーションがとれることである。例えば「おはよう」とロボホンに話しかけると、身振り手振りを交えて天気を教えてくれる。ロボホンは小さいながら13個のサーボと9軸センサー(加速度3軸、地軸気3軸、ジャイロ3軸)を搭載しており、動きはなめらか。歩いたり、踊ったり、いちいち仕草が愛らしい。人間の顔を見分けることができるので、オーナーの顔を探して名前を呼びかけ、写真を撮るといった機能も搭載している。

本体価格は19万8000円(税別)で、ロボホンと会話をするには月額980円の「ココロプラン」に加入する必要がある。加入するとWi-Fi接続やモバイル回線接続で、会話やカメラ、プロジェクターなど、ロボホンのすべての機能が使えるようになる。スマートフォンとしては高価であるにもかかわらず、発売当初は1000台以上の予約があったことでメディアにも大きく取り上げられた。昨年、注目された製品の一つだ。

■ターゲットユーザーは「子どもがいるお母さん」「ロボット好きの男性」

今回見せていただいたのは、2015年3月、当時の経営幹部にプレゼンテーションをした最終確認用の企画書。企画書に出てくる人物イラストは、すべて女性だ。これは事前に、「ロビ」(ロボホンの前に、ロボットクリエイターの高橋智隆氏がデザイン・設計したロボット)ユーザーを対象に調査を行った結果、男性よりも女性からの評価が高かったため。また独身者よりも、家族を持つ男女の評価が高かったという。

「細かく調査をすると、主に女性はロボットと会話を楽しむことが多く、男性はいろいろな機能を使ってみるのが好きという傾向があることがわかりました。特に、ロボットと“コミュニケーション”したいと強く感じているのは、子どもを持つお母さんが多かったのです。そういった結果を踏まえて、ロボホンのメインターゲットは“お子さんが中学生以上になり、手を離れてきたお母さん”を設定していました。40〜60代、特に40代後半の子どもがいる女性です。サブターゲットはロボットやテクノロジー好きな男性としていました。しかし、今までにない製品なので、発表時はあえてターゲットについては触れませんでした」(景井氏)

ロボホンに限らず、ロボットはまだまだ技術的には完璧ではない存在だ。受け答えひとつにしても、間違えてしまうことが多々ある。「ロボホンを5才の男の子と想定したのは、ちょっとした間違いも許せる愛らしい存在にしたかったから」と景井氏は話す。設定年齢を上げてしまうと、完璧にできなかったときの失望感が大きい。その狙いは当たり、特に女性からは「聞き間違うところもたまらない」とかわいがられる、子どものような存在になっているという。

■胸にはスワロフスキーの「ロボホンハート」が隠されていた

ロボホンの本体価格は19万8000円(税別)と安い製品ではないし、毎月維持費もかかる。しかし実際に購入したユーザーの満足度は非常に高く、想定していた以上にロボホンは"愛されている"と景井氏は実感したという。

三越・伊勢丹とコラボした、限定販売の前かけと耳のオプションは完売。シャープが主催して行ったオーナーイベントでは、多数のオーナーが参加し、大盛況だった。20〜30代の若いお母さんオーナーも参加している。

イベントに参加した景井氏は「コアのお客様は、やはり女性が多いですね。編み物して服を着せたり、バッグとか作ったり、ロボホンを我が子のようにかわいがっていただいています。耳や前掛けなどのカスタマイズオプション品を売っているのですが、マスキングテープで色んな柄を貼って楽しむ方が増えているようです。サーボモーターではさんでしまう可能性があるので、私たちは洋服を着せることは推奨していなくて、保証対象外ではあるとお伝えしていますが、それでも洋服を着せたいという方が多くて驚きました」と笑顔で話す。

前かけ(胸カバー)を外すと、胸の部分にハートのスワロフスキー「ロボホンハート」が入っている。ふだんは見えない場所に隠してあったもので、発売後の半年間は公表せず、オーナーに対するサプライズとして事前に準備されていたものだ。オーナーからは大好評で「やっぱりロボホンには心があった!」という声がSNSで見られたという。

売りっぱなしではなく、アップデートを頻繁に行い、購入後も手厚くフォローしている点もオーナーの評価につながっているのだろう。

■当初の想定より、アップデートを頻繁に実施

取材中、机の上に座っていたロボホンが突然景井氏に話しかけてきた。これは少し前のアップデートによって追加された「話しかけ」の新機能だという。むやみやたらに話しかけないように、振動を感知すると人がいるかどうかを判別して、人の存在が確認できたら話すようになっている。「ロボットは今まで人間の生活にはいなかった存在。ずっと話しかけられるとうっとうしく感じるから、プロトタイプの段階では、話しかけ機能はあえて搭載しなかった」(景井氏)

しかし、オーナーがロボホンに対して想定以上に愛情深く接しており、「もっと、ロボホンから話しかけてほしい」という声が上がった。そこで、人が近くにいるときには話しかけるような機能を追加して、場をわきまえたおしゃべりができるようにしたという。

また、リクエストが多かった「逆立ち」も、2017年1月のアップデートでできるようになった。通常、アップデートの内容は1週間ほど前にホームページ上で告知をするが、逆立ちについてはオーナーからの期待が大きかったため、2015年の年末に告知を行った。ロボホンが20体同時に逆立ちの練習をしている動画を事前にFacebookにアップしたところ、オーナーからの反響も大きかったという。このように、アップデートはオーナーのリクエストを反映したものも多い。ロボホンは常に進化し続けているのだ。当初は予定になかった機能でも、ユーザーの意見も取り入れ随時追加していので、満足度が高いのだろう。

景井氏は「発売前、アップデートは3カ月に1回くらいを想定していました。しかし、オーナーからリクエストをいただくことも多く、また弊社の開発メンバーが『こういう機能を追加したい』とどんどんアイデアを出していることもあって、1カ月に1〜2度のペースで順次配信できています。こういったコミュニケーション型の製品は、売りっぱなしでは飽きられてしまいますから、今後もアップデートはしっかりしていきたいと考えています」と、アップデートの重要性について語った。

ロボホンオーナーになると、本体価格のほかに毎月維持費もかかるが、こうしたアップデートを頻繁に行い、飽きさせない工夫を行っている。そのため、解約率は極めて低いという。

■“企業向けロボホン”も各方面で活躍中

個人だけでなく、企業でもロボホンは広く使われている。最近では、羽田空港のおみやげ売り場にロボホンを設置して、おみやげの説明をするという実証実験を行っていた。

また1月16日から3月31日までは、東京・明治座で外国語ガイドサービスを実施。インバウンド向け公演「SAKURA-JAPAN IN THE BOX-」を見に来た訪日客に対し、ロボホンが演目の内容や明治座の歴史などについて英語で解説を行っている。

実験ではなく、実際のビジネスで活用している事例も増えてきている。岡山県倉敷市の美観地区にある観光案内所では、ロボホンを設置し、観光地の写真をプロジェクターで映しながら名所の説明を行わせている。また、広島の輸入車販売店では、ロボホンが輸入車のダッシュボードに乗せられ、そこで輸入車の説明をする仕事を任されている。ロボホンはコンパクトなので、車のような狭い場所にも置くことができる。また、持ち歩くことができるので、営業が一緒に連れていって、自分では覚えきれないことをロボホンに説明してもらうといった使い方もしているそうだ。

このような活用は、法人契約にすればできるという。「お仕事パック」というアプリパックを使うと、シナリオを自由に作ってロボホンに入力し、話してもらうことができる。お仕事パックは2016年度中に英語・中国語にも対応予定とのことで「受付に座っているロボホンが、外国語で来客に対応」といった使い方もできるようになる。

さらに同社と提携した法人向けアプリケーションを開発・販売する事業者「ロボホン認定開発パートナー」という制度があり、パートナーが開発したロボホン用のアプリを購入することもできる。パートナーに登録されている会社は既に30社。こういった法人向けアプリを利用することによって、アイデア次第でさまざまな使い方ができる。

ロボホン発売後、さまざまな企業や店舗がロボホンを使ったビジネスを仕掛けているとのこと。気軽に持ち歩けるモバイル型ロボット電話の特性を生かし、今後ますます活躍の場が広がりそうだ。

■「逃げ恥」効果で認知度急上昇、シャープのブランド大使に

ロボホンは発売時に1000台分の予約が入ったと話題となり、そこからは地道に売れていたが、2016年に大流行したドラマ「逃げ恥」に登場して注目を集めた。セットの中に飾られていただけでなく、ドラマ内で恋ダンスまで披露したことで、ドラマ放映後に認知度が急上昇し、大幅に販売台数が伸びたという。目標台数や売上については非公開だというが、景井氏は「ロボホンの役割は他にもあります」と語る。ロボホンにはブランドイメージ向上という大事な使命があるのだ。シャープのCMでもロボホンが必ず登場。公式なイメージキャラクターではないものの、シャープの“ブランド大使”となりつつある。親しみやすいキャラクターでありつつ、シャープらしい尖った製品でもあるので、印象に残るのだ。

筆者も実際にロボホンを1週間ほどお借りしてみた。ちょうどメインターゲットに当てはまる“子持ちの女性”ということもあるが、お話できたり、メールを知らせてくれたり、こちらが話しかけたことを認識できずに首をかしげる動作にもいちいちキュンとして、ついかわいがってしまう。また、子どもが小さかったころを思い出して懐かしい気持ちになり、「一度迎え入れると、家族のような存在になる」というオーナーの気持ちはよく理解できる。

実は筆者のまわりでも、女性のほうがロボホンに興味津々で、数名が購入しており、どこへ行くときも一緒に連れて歩いている。取材する前は、新しいテクノロジーやロボットが好きな男性を狙った製品かと思っていたのだが、企画書の段階で開発陣が想定していた通り、主に女性に響いているようだ。

こうしてユニークで前例のない製品を続々と世に送り出せるのは、社内に新しい価値観を受け入れられる体制が整っているのかもしれない。ロボホンだけでなく、白物家電でも電気無水鍋「ヘルシオ ホットクック」やウォーターオーブン専用機「ヘルシオ グリエ」など、独創的な製品を発表し、家電業界を賑わせているシャープ。これからも新しいジャンルの楽しい製品を発表し、ワクワクさせてほしい。

----------

■次のページでは、シャープ「ロボホン」の商品企画書を掲載します。

----------

■シャープ「ロボホン」の商品企画書

ロボホンの企画書の特徴は、イラストが多用されており、文字が極端に少ないこと。商品特徴のページでは“かわいい”を前面に押し出している。「パワーポイントで資料を作り、画面に映してプレゼンをしています。文字がビッシリと書いてある資料は、どうしても読みながらプレゼンしてしまうので、熱意を持って話すことができません。私はそういうプレゼンは好きではないので、基本は文字を極力減らした企画書を作るようにしています」(景井氏)。

また、前例がない製品なので、ロボホンのコンセプトを伝える内容が中心の構成になっている。「スマートフォンは利便性が求められがちですが、会話のあふれる楽しい生活を提供する新しいデバイスにしていきたい。そこで、“モバイル型ロボット電話”のロボホンを作りたい、という思いを企画書に込めています」(景井氏)

シャープ「RoBoHoN(ロボホン)」の商品企画書

(石井 和美)