【詳細】他の写真はこちら

「昔、家のクルマがこれだった!」とか「近所のおじさんが乗ってた」なんて1台が必ずあるはず!

それもそのはず。トヨタの「カローラ」といえば、1966年に初期型が発売されて以来、4410万台も販売されている、日本を代表する大衆乗用車シリーズ。そんな「カローラ」の50周年を記念した特設サイトトヨタ公式サイトのニュースルームにて公開されています。「GALLERY」には歴代モデルの写真がバッチリ揃っていて、しかも高解像度の画像をダウンロード可能。世代を超えて誰もが見覚えのある一台、そして思い入れのある一台を見つけることができるはずですよ!

冒頭に画像を掲載した最初のカローラ「初期型」を筆頭に、個人的に大好きな『ニイナナ・レビン』(『カローラ・レビン(TE27)』)といった派生モデルの姿もあります。



そうそう。あと、この『ナナマル(AE70)』型の四角いボディも好きだったなぁ。(特に丸目!)



おっと、すみません。ついつい個人的な感傷にひたってしまいました。でも、これだけ歴史があって販売台数が多いクルマですので、これらのカローラのシルエットがなんらかの記憶に引っかかる人は多いと思います。もし忘れていたとしても、写真を見ているうちに幼い頃からの記憶がよみがえりますよ。きっと。

もうひとつ、当時のカタログが電子ブックとして用意されているのも嬉しいですね。クルマの資料として価値があるのもさることながら、そのモデルが販売されていた当時の時代背景までひしひしと感じられます。



発表会の写真や1号車のラインオフ、累計500万台、1000万台を達成したモデルの写真もあります。





個人的には「STORY」のページで読める、国内外のコアな「カローラ」ユーザーたちの物語に心をギュッと掴まれました。やっぱりカローラって世界中で愛されているクルマなんだなー、ということが伝わってきます(オススメは一番下にあるイギリス編の映像)。多くの人に乗られてきた大衆車だけに、クルママニアでなくても「おっ! これ知ってる」という車種があるはず。

もう一歩踏み込んだマニアの人向けには、かの“ドリキン”土屋圭一さんが『ハチロク(AE86)』でドリフトしている映像も公開されていますので、お好きな人はぜひご覧あれ!



文/増谷茂樹

関連サイト



お客様とともに半世紀:カローラが歩んだ50年の道のり カローラ生誕50年特設サイト

関連記事



迫力のラリー仕様ヴィッツ、豊田社長とともに見参!【最新レース車両ギャラリー】

【オカルト!?】トヨタ新『86』に装着されたアルミテープの正体【効果あり!?】