ボタン状になっているわけではないようです。

君のはどこにあるんだろう〜なんてコマーシャルもありましたが、本当にわかれば自分だって偉業とか成し遂げてるのになぁ、なんてぼんやりしてたら、見つかったらしいですよ、やる気スイッチ。

生理学研究所によりますと、慶應義塾大学、北海道大学大学院などで結成された共同研究グループが、マウスを用いた実験で意欲障害の原因となる脳内の部位を特定したと発表しました。

意欲障害は、認知症など多くの神経疾患で見られますが、原因は、脳が広範囲に障害を受けたときに起こるということ以外分かっていなかったそう。

そこで研究グループは、意欲障害を起こす頻度は、脳の中でも線条体という箇所が損傷した場合に高いという研究結果を参考に、線条体を構成する細胞集団のD2-MSNに注目。D2-MSNだけを徐々に細胞死させたマウスで実験を行いました。

その結果、線条体の腹外側と呼ばれる箇所を17%細胞死させただけで、意欲障害が起こることが分かったそうですよ。つまり、腹外側線条体のD2-MSNが意欲行動には必須ということが明らかになったそうです。


170204_yarukiswitch_2.jpg

image: 生理学研究所


「やる気」を生むには他にもいくつかの部位が関連しているそうですが、今回の研究によって初めて、やる気を維持する脳部位が明確に示されたとのこと。今後について研究グループは、意欲障害を改善する薬剤の探索などが可能になると話しています。


170204_yarukiswitch_3.jpg

image: 生理学研究所


研究が進んで、すぐにでもやる気スイッチを押したい気持ちもありながら、「今日はやる気が出ないなぁ」なんて言い訳ができなくなると思うとちょっぴり寂しいような…。いずれにしても、素晴らしい研究結果ですよね。


・この18の質問で、あなたの「無関心度」がわかります


image: Andy Griffin / Flickr
source: 生理学研究所
(渡邊徹則)