【試乗】欧州2位の走りは伊達じゃない! ルノー ルーテシアMCモデルの実力

写真拡大 (全32枚)

フランス1位! 欧州全体でも2位のルーテシアがマイナーチェンジ

日本人からすると少し驚くことかもしれないが、ルノー・ルーテシアは、ヨーロッパでは「クリオ」という名前で売れに売れているクルマだ。

本国フランスでは、乗用車の販売台数ランキングで7年連続ナンバー1。ヨーロッパ全域では、2016年の全乗用車で販売台数2位、Bセグメントに限れば1位である。ちなみにヨーロッパでの1位はゴルフ、3位はポロであることを考えると、よりその凄さが伝わるだろう。


そのルーテシアがマイナーチェンジを実施した。この変更は、内外装のデザイン面、装備などをファインチューンし、グレード体系を見直したもの。ちなみに価格は全グレード少しずつ下げられたというので、嬉しい限り。


さて、大きな変更点を挙げると、「インテンス」と「ゼン」のグレードはヘッドライトをハロゲンからLEDに変更。スモールライト点灯時には「Cシェイプ」と呼ばれるCの字のライン状にライトが灯る。

またバンパーの形状が変わり、よりワイドなルックスを実現。ホイールの意匠変更も実施された。そしてなんとリヤコンビランプは数ミリ幅が拡大されたという。こうした、微に入り細に穿つ「ファインチューン」が、より洗練された見た目を生むらしい。


インテリアでは新たなシートデザイン、ドアトリムデザインが採用され、質感を向上している。


また、エントリーグレードのアクティフが復活した。こちらは受注生産の扱いで、価格は200万円を切っている。

走行性能に関する部分には変更がないが、クルマは走るために存在するもの。高速、市街地を走行した印象をお伝えしたい。

東京都内の混み合った市街地でも気を遣わず走れる

シフトレバーをDレンジに動かし、まずは市街地へ。動き出しはスムースで、とくにクセのようなものはない。少なくともルノーのEDCに関しては、例えば国産CVT車やトルコンオートマ車から乗り換えても、乗りづらさを感じることはないだろう。

組み合わされる1.2リッターターボエンジンは街なかで余裕のトルクを発揮する。さほどアクセルを踏み込まなくても1.2トン強のボディを軽快に加速させ、まだまだ余力たっぷりの印象である。


今回は東京都心での試乗で、突然出てくる路上駐車車を避けるための車線変更や、狭い場所のすり抜けなども多発するというコースだ。そんな場所でも神経を使うことなく走ることができた。

私自身、軽自動車から大柄なSUV、スーパースポーツに至るまで、さまざまなクルマに乗るが、こうした都心を走る際に気疲れするモデルもある。これは単にボディサイズの問題ではないのだ。

アクセルに対する応答性やブレーキのタッチ、見切り、ミラーなどの視認性など複合的な要素で、結果的に疲労度が変わってくる。際立って見切りがいいとか、とてもボディが小さいとうことではなく、そういったバランスがルーテシアは優れているのだろう。

機敏なノーズの動きと粘る足でコーナーが楽しい

続いて首都高、高速へと試乗場所を移す。首都高は中速域でカーブが連続する場所だ。路面表面は継ぎ目が多く荒れ気味で、コンフォート性も含めてチェックできる。

コーナーに差しかかり、ステアリングを切り出すとステアリングの切り出しに対しての応答性が鋭い。ステアリングの操作に対してグッとノーズが反応して方向を変えるのだ。左右切り返しでもその機敏さは失われない。

やや過敏かとも思われるこの動きだが、それは瞬間的なノーズの反応であり、コーナリング自体はタイヤ、サスペンションがロールスピードを押さえて穏やかに姿勢変化をしつつコーナーを抜けてゆく。ノーズの動きが神経質なクルマにありがちな、不安定さ、もしくはドライバーが感じる不安感はない。


そして回り込むような、長く荷重がかかり続けるようなコーナーでは、ルノー車の真骨頂である粘る足が確認できた。コーナリング中に路面の継ぎ目があってもシッカリ路面にタイヤを押しつけ、ステアリングを一定に切ったまま、アクセル操作で気持ち良くコーナーを抜けることができるのだ。


街中で余裕たっぷりだったエンジンは、少なくとも公道で確認できた100km/hまでなら十分。必死に唸ることもなく、それでいて走っていることが実感できるような音と回転の伝わりで、ドライバーの操作に答えてくれる。

今回は長距離移動を試すことができなかったが、試乗内容から想像する限り問題なさそうである。

唯一期待したいのは、パドルシフトの装着だ。Dレンジで走っている限りCVTなどと遜色ない実用性をみせるEDCだが、走りを楽しむとなれば別。MT感覚のダイレクトさとシフトスピードがウリなのだから、それを生かすためにも積極的にシフトしたくなる。もちろんシフトレバーではマニュアル選択が可能だが、積極的に走りたくなる、走らせられるクルマに仕上がっているがゆえに、より楽しめるための希望だ。


さて、商品力を増したルーテシアに改めて試乗し、欧州で売れる理由は存分に伝わってきた。日本でいえばコンパクトカーというジャンル分けになるBセグメントハッチバックでも、走りに妥協はなく、質感も高い。

もっといえば、走りにルーテシアとしての個性はあれど、クセのようなものはほとんど感じられず、日本の交通環境でも多くの人に受け入れられるような性能だと思える。

販売店が近くにあるなどの環境を抜きにすれば、もはやメーカーの国籍など関係なく、先入観なく横並びでクルマを購入する時代なのかもしれない、ルーテシアに乗って改めてそんな思いに至った。

(写真:小林 健)

ルノー ルーテシア マイナーチェンジ 新装備・変更点

●フルLEDヘッドランプ(オートハイトコントロール、シーミーホーム機能付き[インテンス/ゼン])

●リアLEDランプ[インテンス/ゼン]

●フロントLEDランプ[アクティフ]

●新フロントデザイン

●新ホイールデザイン

●新インテリアカラー[インテンス]

●新シート&ドアトリムデザイン

●ファブリック×レザー調コンビシート[インテンス]

●R&Go アプリ対応ラジオ[ゼン・アクティフ]

●自動防眩式ルームミラー[インテンス・ゼン]

●LEDマップランプ[インテンス・ゼン]

●ステアリング形状変更[ゼン・アクティフ]

【画像ギャラリー】