UQ WiMAX 2+で変更になった夜間(18〜26時)の「直近3日間10GB」を超えた際の速度制限を回避する方法を紹介【ハウツー】

shimajiro@mobiler

既報通り、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)が高速通信サービス「WiMAX 2+」における通信速度制限を従来の「3日3GB越えで終日制限」から「3日10GB越えで夜だけ制限」へと2月2日に変更した。

速度制限対象となる条件(容量・時間帯)は制限が緩和される一方で、制限時の速度は従来の「YouTubeのHD動画が見られる程度」とする4〜6Mbps(実測)から「1Mbps程度」へと制限時の速度は大幅に低速化する。

そこで今回は「通信量を減らす」以外の回避として「ノーリミットモード」対応機種で使う方法を紹介する。

00
WiMAX 2+の通信速度制限が「3日10GB越えで夜だけ1Mbps」に

速度制限の対象となる使い方をしている場合、根本的には通信量を減らす以外に有効な方法はないけれど、それほど費用をかけずに通信速度制限を回避する方法として、通信速度制限の対象となる時間帯(18時から26時)までの間は、ノーリミットモード対応機種にSIMカードを差し替えた上で、ノーリミットモードで通信を行うという方法がある。

通信速度制限の対象(3日10GB以上を利用)となる場合でも、ノーリミットモードについては従来と変わらずに通信速度制限の対象外となる。

02
ノーリミットモードでの通信は速度制限対象外(公式Webサイト「通信モードについて|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+」より)

ただし、ノーリミットモードで利用可能となるWiMAX方式は、通信速度が下り最大13.3Mbpsおよび上り最大10.2Mbpsへとサービス開始当初よりも低速化している上、エリア面でもWiMAX 2+方式の方がカバーエリアが広く感じることも多く、ノーリミットモードであれば「快適に使える」とは言い難い状況だ。

正直に言うと、実際に試してみたところ、速度制限状態のWiMAX 2+(最大1Mbps程度)と比べれば快適に使えることを期待していたものの、当初期待していたほどは快適ではなかった。

また、ノーリミットモードに対応する機種は新発売されていない上に最近の機種は大半がWiMAX自体に非対応となっているので、ノーリミットモードに設定して使える機種が今後発売される可能性は限りなく低い。なお、現時点ではWiMAXサービスの停波(サービス終了)はタイミングは発表はされておらず、未定。

2017年2月時点で購入可能な「ノーリミットモード」対応機種の白ロム(中古含む)価格は以下の通り。

【ノーリミットモード対応機種】
機種名発売日カテゴリー実売価格(白ロム)
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14
HWD14
2013年10月モバイルWi-Fiルーター2,000円〜
(Amazon.co.jp)
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11
NAD11
2014年6月モバイルWi-Fiルーター1,000円〜
(Amazon.co.jp)
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15
HWD15
2014年8月モバイルWi-Fiルーター2,000円〜
(Amazon.co.jp)
URoad-Home 2+
URoad-Home2_
2015年3月ホームルーター16,000円〜
(Amazon.co.jp)
※価格は2017年2月2日現在

ノーリミットモード対応のWiMAX 2+ルーターは、モバイル向け(HWD14・HWD15・NAD11)は手頃な価格(おおむね2〜3,000円以下)で購入可能。一方、ホームタイプのURoad-Home 2+に関しては白ロム価格が約16,000円となるなど、発売から約2年が経過するも中古端末が安く購入可能とは言い難い。



記事執筆:shimajiro@mobiler


shimajiro@mobiler
WiMAX 2+「直近3日間10GB」を超えた際の速度制限を回避する方法

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ