そのカメラ目線…プロの技やで!! 前世はアイドルだったのかもしれない鳥さんが監視カメラに激写される

写真拡大


イングランド南西部のグロスターシャー州に設置された交通監視カメラに映っていたのは、チョウゲンボウという名の鳥さん。鳥のなかではハヤブサ目ハヤブサ科に分類される猛禽(もうきん)類の一種で、大きなクリクリお目目がチャームポイントです。

この鳥さん、どういうわけか監視カメラのことがえらく気にいってしまったようで、じーっと見つめたり、どこかへ行ってしまったかと思えばまた戻ってきたりと、とにかく気になって仕方がない様子。

YouTubeに、その全貌をとらえた映像が後悔されているのですが、カメラ目線のお顔がなんとも可愛らしいんですよねこれが。

【そんなに見つめないで】

うるうるとした瞳で見つめられると、動画を観ているこっちが照れちゃう。途中、カササギがやってきてバトルを繰り広げる場面もあるのですが、その後またちゃっかり舞い戻ってくるところも憎めないっ。

そして、突然現れるカラスに鳥さんが驚きながらも応戦し、画面の外に飛び去ったところでこの動画は終わっています。

【前世はアイドルだったのかな】

遠くから、超至近距離から、そして、あらゆる角度からカメラに対し熱視線を送り続ける鳥さんは、まるでアイドルのよう。「ひょっとしたら前世で、人に注目されるような立場にいたのかしら……?」なーんて妄想してしまうくらいに、カメラに対する執着がハンパないんです。

【フレームインに命をかける(!?)鳥さん】

強風にあおられてもなお、どうにかこうにかフレームインし続けるその根性に拍手を贈りたい。「ねえ、アタシを見て。もっともっと、見つめて……!」とアテレコしたくなってくる動画は必見です。

もちろん本人(鳥)はカメラに興味津々なだけ、「注目を集めたい」なんてみじんも思っていないのでしょうが、再生回数1万超と結果的にネットユーザーから人気を博すこととなったのでした。鳥さん、あなたのカメラ映り、抜群によかったわよ♪

参照元:YouTube、日本野鳥の会
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る