2月12日に放送される「愛されママGP 2017〜ママたちの芸能界生き残りバトル〜」/(C)東海テレビ

写真拡大

ヒロミと指原莉乃がMCを務める2月12日(日)放送の「愛されママGP 2017〜ママたちの芸能界生き残りバトル〜」(昼4:05-5:20フジテレビ系)。番組でご意見番として登場するデヴィ夫人が、収録後の感想や見どころを語った。

【写真を見る】虻川美穂子ら“ママタレ”たちは、家事テクニックを披露!/(C)東海テレビ

――“ママタレ”8人が集結した番組ということで、収録を終えていかがでしたか?

最近は人の悪口を言ったり人のことをいなしたりする番組が多いじゃないですか。でも、今日は本当に心温まるおっとりとしたいい番組だと思いました。感動して出演者の方々が清い涙を流されていて、本当に素晴らしかったですね。きっと、家庭の主婦の方たちにも学べる機会になると思います。

――ママだけでなく、パパも参考になる番組だと思いました。

そうですね、日本の男性って、家庭をあまり顧みないじゃないですか。妻に対しても子どもに対しても海外とは違って。だから、日本人男性もぜひこの番組を見た方がいいと思います。

――ご意見番としてご出演されていましたが、デヴィ夫人が思う“愛されママ”の条件とは何ですか?

母親の子どもに対する愛情は無償です。でも、子どもが二人いる場合は両親の愛情を独占したいという気持ちから競争が始まるんです。そこで、平等に愛してあげるってことがすごく大事なことだと思います。

あと、日本の全体に言えることですが、愛情の表現があまりないですよね。でも、外国の人たちではすぐハグをしたりキスをしたりするし、子どもたちは絶対にスキンシップが一番なんです。だからスキンシップは大事だと思います。

――MCの指原さんは独身ですが、夫選びでアドバイスをするとしたら何かありますか?

それは簡単。尊敬できる人、信頼できる人思いやりのある人。顔は関係ないの、金銭面はある程度は関係あるけれどね(笑)。「自分の好きな人ならいい」と言うけれど、それでは結婚は破綻してしまいますね。