「Thinkstock」より

写真拡大

 2015年に国立社会保障・人口問題研究所が実施した「第15回 出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」によれば、未婚の男女に結婚について「いずれ結婚するつもり」と「一生結婚するつもりはない」の二択で質問をしたところ、男性(18〜34歳)の12.0%が「一生結婚するつもりはない」と回答した。

 未婚男性の約8人に1人が「生涯独身」を宣言したわけである。1987年の時点では、4.5%と約22人に1人しか「一生結婚するつもりはない」を選ぶ男性はいなかった。結婚に対する意識が、大きく変わっていることがわかる。なお、未婚女性(18〜34歳)でも、「一生結婚するつもりはない」という回答は、87年の4.6%から2015年には8.0%に増えている。

「一生結婚するつもりはない」を選択した未婚の男女は明らかに増加しているにもかかわらず、同研究所は「集計結果のポイント」として、「一生結婚するつもりはない」の増加には触れず、「いずれは結婚しようと考える未婚者の割合は、男性85.7%(前回86.3%)、女性89.3%(同89.4%)で、依然として高い水準にある」とのみ報告している。

 そして、新聞、テレビ、ラジオ、インターネットなどのさまざまなメディアにおいても、「生涯独身」を宣言する人の多さではなく、「男性の85.7%、女性の89.3%がいずれ結婚するつもり」に焦点が当てられた報道が多かった。

 実際には「生涯独身」を宣言する人が増えているのに、一方では、未婚の男女に対して「本心では結婚したいのだけれど、何かしらの理由があって結婚できない」という「かわいそうなイメージ」が醸成されているようにも思える。それは、こうした強調によっても「つくられている」側面があるのではないだろうか。

●再婚が結婚に占める割合は、過去最高の約27%

 結婚する意思のない若者が増えたことに加えて、結婚自体にも大きな変化が見られる。17年1月に厚生労働省が発表した「婚姻に関する統計」によると、15年の結婚件数における初婚と再婚の割合は、初婚が73.2%、再婚は過去最高の26.8%となっている。1975年の時点では、初婚が87.3%、再婚が12.7%である。

 なお、再婚が初めて25%を超えたのは2005年のことだ。一般的に「結婚」といえば初婚を想像するだろうが、すでに10年以上も前から、現実には再婚が4分の1以上を占めている。離婚の増加が背景にあることは明白であり、一度結婚すれば「安心」という時代は終わりを迎えている。

 既婚者が「どうして結婚しないの?」と未婚者に問いかけるとき、そこには優越感が透けて見えることが多いように思う。しかし、その優越感を支える前提は「結婚したいのにできない」という未婚者への偏見、そして「結婚すれば安心」という結婚に対する思い込みでしかない。

 前述の通り、それぞれの事情はあるにせよ、「生涯独身」を選ぶ人は確実に増えており、結婚しても離婚→再婚というケースも増えているのが実態だ。

●中年独身は不幸?「結婚=幸福」イメージの崩壊

 中高年男性向けの雑誌やウェブサイトには、しばしば年を重ねた独身男性の悲惨な生活に関する記事が掲載されている。シングルの男性を見下して、優越感を抱いている限りは、たとえ自分自身の結婚生活が空虚であったとしても、その現実から目をそらすことができる。

 換言すれば、こうした記事に需要があるのは、「未婚=不幸」とあおらなければならないほど、「結婚=幸福」というイメージが崩れつつあるからだとも考えられる。

 結婚が「当たり前」だった時代には、既婚者は未婚者に「どうして結婚しないの?」と気軽に問うことができた。しかし、結婚と幸福を簡単に結びつけられず、自分の意思で独身を選んだり離婚したりする男女が増えた現代では、既婚者が未婚者から「どうして、わざわざ結婚なんてしたの?」と聞かれる可能性がある。その際の答えが「結婚するのが当たり前だから」では、あまりにもむなしい。

 既婚の中高年男性は、この機会に自分が結婚した理由について、ゆっくりと考えてみてはいかがだろうか。
(文=田中俊之/武蔵大学社会学部助教)