クリーミーなスープに、パクチーやたっぷりの野菜が入った「野菜たっぷり鶏のココナッツミルク鍋」。寒い冬にぴったりのヘルシーな鍋だ

写真拡大

エスニックレストラン「モンスーンカフェ」代官山店に、新メニュー「野菜たっぷり鶏のココナッツミルク鍋」(税抜2980円)が登場した。

【写真を見る】魚介だけでなく、甘くとろけるような口当たりの豚肉も煮込んだ「こぼれパクチーのMONSOON火鍋」

コクのあるクリーミースープとパクチーやたっぷりの野菜を絡めて食べる、寒い冬にぴったりの鍋。鶏の出汁をベースにココナッツミルクと牛乳を混ぜたスープに、パクチーや小松菜や白菜などの野菜がたっぷりと用意され、スタッフが目の前で作ってくれる。仕上げに自家製のレモングラスオイルをひとかけすれば完成。お好みで備え付けのクミンとブラックペッパーをふりかけてれば、ココナッツミルクカレー風のスープとして2度楽しめる。レモングラスには抗菌・殺菌作用があり、風邪の予防や腹痛緩和にも効果的といわれ、栄養素たっぷりだ。

このほか、こぼれそうなくらいにパクチーをトッピングし、辛味のあるスープと香りが食欲をそそる「こぼれパクチーのMONSOON火鍋」(2980円)や、スパイシーな香りと酸味が特徴的な定番メニュー「トム・ヤム・クン」(レギュラーサイズ1350円/ハーフサイズ700円)など、身体の芯からぽかぽかと温まれる真っ赤な鍋やスープも人気だ。

まるで東南アジアのリゾートのような店内で、あったかヘルシーメニューを堪能し、寒い冬を乗り切ろう。【ウォーカープラス編集部/セキノユリカ】