「増山超能力師事務所」に出演中の中村ゆり

写真拡大

毎週木曜、日本テレビ系にて放送中のドラマ「増山超能力師事務所」。今回、同ドラマに超能力師・住吉悦子役で出演中の中村ゆりにインタビューを行った。自身の役柄に対する思いや、個性豊かなキャストが集まった現場の様子などについて語ってもらった。

【写真を見る】事務所メンバーの行動予定表をバックに。中井(柄本時生)は今日も「ブタ探し」!?

――ドラマも後半に差し掛かってきましたが、あらためて「住吉悦子」という役柄の印象についてお聞かせください。

ドラマ全体は、超能力を使った探偵業を描いていて、楽しい内容にはなっているのですが、一方でこのドラマの面白いところは、悦子に限らず、(増山超能力師事務所のメンバーが)これまでの人生みんな超能力でいい思いをしていないんですよね。

だからこそ、「やっと自分の持つ能力で人助けをできる!」っていう喜びもある登場人物たちなので、そこはとても人間らしい一面が描かれているドラマだなと思っています。

悦子は発火能力を持っているのですが、「もしかしたらそれが原因で自分が大切な人を亡くしてしまったのかもしれない」という、悲しみやトラウマのようなものをすごく引きずりながら生きている女性です。なので、そういったキャラクターの多面性も、しっかり演じていきたいなと思っています。

――ここまでの撮影を振り返って、印象に残っていることはありますか。

やっぱり(増山超能力師事務所の)みんながそろっているシーンってすごく楽しくて。篤志(浅香航大)と中井(柄本時生)のコンビもどんどん楽しくなってきていますし、第4話の2人の掛け合いとかもすごく笑って見ていました。

キャバクラに行った時も、かたや悦子が大暴れしていて、かたや篤志が女の子にウハウハになってるみたいな。それぞれのキャラクターが(回を重ねるごとに)どんどん豊かになってきているので、(それを表現できる)ちょっとくだらない部分がこのドラマの楽しい部分だなと思います。

――所長・増山役の田中直樹さんをはじめ、個性豊かなメンバーがそろった「増山超能力師事務所」ですが、現場での様子はいかがでしょうか。

(撮影の合間は)よくみんなでゲームをしてますね。台本の読み合わせが自然と始まったりもしますし、すごく相性のいい人たちが集まっているなと感じます。

スタッフさんたちも、本当に繊細にお仕事をされる方たちばかりで。深夜のドラマですが、高いクオリティーでちゃんと作っているのをこちらも感じるので、すごく楽しいですね。

――そんな中、田中さんは“座長”として、率先して現場を盛り上げているのでしょうか?

むしろ時生くんとか平田敦子さんとか、(役柄以上に)強烈なじゃじゃ馬みたいな人たちが何人かいるので(笑)、田中さんは逆に見守って、ほほ笑んで、受け止めてくれていますね。本当に増山のような感じで見ています。

――悦子は事務所のメンバーに対しても“ドSキャラ”ですが、中村さんご自身と比較していかがでしょうか。

これまでは大人しい印象の役とか、陰のあるような役を演じることが多かったのですが、普段は結構活発ですし、友達といても結構はっきりモノを言う方だと思うので(笑)、そういう意味では今まで演じてきた役よりも近いかもしれないですね。

――悦子は増山に対して秘めた思いを抱えていますが、一方で篤志からも思いを寄せられています。中村さんからご覧になって、悦子の心情はどのようなものだとお考えでしょうか。

悦子は超能力師とはいえ、(この物語における)世の中ではすごくマイノリティーな人じゃないですか。となると、(増山は)やっぱり自分のことを誰よりも理解してくれた人だという気持ちがすごくあると思うんですね。やっぱり(理解しようとしてくれる人が)身近にはいなかっただろうし。

それでいて悦子も強い人だから(突っ張ってしまうけど)、増山さんの内面的な“本当の強さ”には勝てないのも絶対理解していると思うので、だからこそ初めて心から頼りになる人だったんじゃないかと思うんです。

でもやっぱり、(既婚者なので)踏み込んではいけない領域の人だから、そこの苦しさはあるだろうな〜と思いますね。

――ドラマの中ではさまざまな超能力が登場しますが、中村さんが習得したい、もしくは使ってみたいのはどんな超能力ですか。

テレポーテーションがあればいいなと思います。(移動時間がかからない分)朝いっぱい寝られるなって…(笑)。(実際能力があったとしたら)どこまで行けるんですかね?

「ちょっと旅行に行ってくる!」みたいな感じで、外国まで行けたら最高ですよね。

私は飛行機があまり好きではないので、一瞬で(目的地に)着けたらうれしいですね。

――悦子は毎回潜入捜査のような形で、さまざまなコスプレにもチャレンジしていきますが、一番のお気に入りはどの衣装でしょうか。

(自分から)喜んで着たものは1つもないです…(笑)。(第3話で着た)“アムラー”みたいなファッションも、自分がその世代なだけにすごく恥ずかしかったですし。キャバクラ嬢の衣装は、そういう役を何度かやったことがあるので結構着ているんですが。

面白かったのは、女性には分からない感覚で男性陣が衣装について感想を言うんですよ。例えば普通にスーツを着ているだけでも、「あ〜、そのスーツいい!」みたいな。

女性からすると「そうなんだ…」みたいな感じなんですが(笑)。

監督の好みも分かりやすいですし、そういう意味では「あ〜、こういうのが好きなのね」って思って、毎回勉強になります(笑)。

――浅香さんや柄本さんは、それぞれの衣装についてどんな感想を仰っていましたか?

すごく気を使ってくれているんじゃないでしょうか(笑)。「あ〜、イケますね〜!」とか一応言ってくれますけど、「気遣ってもらってすみません…」っていつも思っています。

――では、今後ドラマの中で着てみたい衣装などはありますか。

(潜入捜査とはいえ)結構真っ当な服が多いので、せっかくやるならばちょっと面白系の衣装とかもやってみたいなとは思いますね。着ぐるみとか(笑)。

――以前は歌手活動もされていましたが、今後ドラマの中で、潜入捜査の一貫として歌声を披露されるようなことは…。

ヤダヤダヤダ(笑)。歌が下手だから歌手をやめたんですから。「悦子は歌が下手」っていう設定だったらいいですよ(笑)。

――中村さんが「増山超能力師事務所」に依頼をするとしたら、どんなことを解決してほしいですか。

今パッと思い浮かんだことで言うと、前に飼っていた犬が(自分のことを)どう思っていたのかとか…。でも自分が感じたことでいいやって思いますね。相手の思念とかも読んでほしくないですし。あ、昨年財布盗まれたので、誰が盗んだのかはちょっと知りたいですね(笑)。

――それでは最後に、終盤に向けてのご自身の見どころをお聞かせください。

探偵業とはいえ、毎回抱えるテーマがすごく幅広いというか。人情モノのエピソードの時もあれば事件も起きますし、毎回飽きずに見ていただけると思います。

超能力だけじゃなくて、悦子たちの恋模様もいろいろと展開していくので、そこは本当に、私も誰と誰がどうなるのか楽しみです。今後のゲストも、毎回すてきな方が来てくださっているので、ぜひご覧ください。